アンチエイジングの敵! |「糖化」による影響や対策を知ろう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンチエイジングの敵!?「糖化」による影響や対策を知ろう

2017年9月4日 (月) 20:10 配信 スキンケア大学

お気に入りに追加

綺麗な肌

みなさんは「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?近年、肌や身体のエイジングを促す要素の1つとして関心を集めているのが糖化です。ここでは、アンチエイジングのための糖化対策についてまとめています。

●糖化による肌や身体への影響とは

糖化は、肌や身体の器官などの老化を促す一因だといわれています。具体的には、どのような状態を指すのでしょうか。

糖化とは、身体の中のタンパク質が食事などによって摂取された糖と結びつき、劣化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積する現象のこと。

引用:スキンケア大学

糖化によってAGEs(老化物質)が蓄積された身体には、次のような影響が現れるといわれています。

食生活の乱れによって代謝の能力が低下するとAGEsを除去する働きも悪くなるため、肌や骨、臓器などの老化を進行させ、肌のくすみやたるみ、シワが生じるだけでなく、動脈硬化や高血圧、がんなどの生活習慣病や骨粗しょう症などさまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

引用:スキンケア大学

身体に必要な量の糖分は摂取しつつ、AGEsをためこまないようにすることが大切なようです。

●糖化の速度を遅くするためには

年齢を重ねるにつれ、糖化は誰にでも現れる現象ですが、不規則な食生活や早食いなどによって糖化がより起こりやすくなる可能性もあります。逆に、バランスのよい適量な食事をゆっくりととることなどで、糖化の進行速度を遅くできるとされています。

進行レベルにも個人差があるため、日ごろから急激に血糖値を上げないように食事はゆっくりと食べる、食事量を腹八分目に抑えるなどのちょっとした工夫により、進行を遅らせることが可能です。

引用:スキンケア大学

たとえば、最初にサラダなどの食物繊維を食べてからご飯などの炭水化物を食べると、過剰な糖分の吸収を防いで血糖値の急激な上昇を抑えると考えられています。

●食生活を見直してアンチエイジングを

いずれ誰にでも起こる糖化も、食事内容や食事のとり方に気をつければ、進行を遅らせることができる可能性があります。アンチエイジング対策の一環として、みなさんも日ごろの食生活を見直してみませんか?

更年期に、差し掛かる年代の男性が集まるとED(勃起不全)の話題になることも多いようです、そんな席で、自分はもう年だから、とか、もう卒業したよ、」などと妙に言い訳じみた、引退宣言でお茶を濁す人が少なくありません。

でも、60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク