スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

スキンダック

スキンタッグ

スキンタッグとはデコルラインや首筋に出来るイボのことです。

脇の下や首、胸など皮膚が柔らかい場所に多くでき、老化により数が増えたり大きくなったり

します。

老化現象の現れですが、そのメカニズムは詳しく分っていないい部分もあります。

中高年以降の40代50代に現われることが多く生活習慣や遺伝の体質などにも関係していると

考えられ、個人差があります。

自分では気が付いていないものの、中年以降の多くの人は1ないし2つはあるもので、年齢と共

に発生率や出来る数も多くなってきます。

特徴はイボの色は当初肌色が多く茶褐色なものまで、大きくなっても肌色のままの物もありま

す大きさは1mm~3mm程度です。

これ以上大きくなると注意が必要で皮膚科で観てもらった方が良いでしょう。

一般的には小さなイボをアクロコルドンあるいはスキンタッグと呼んでいます。

良性腫瘍なので害はありませんが・・・

良性の腫瘍のためスキンタッグは問題はありませんが、急に大きくなるようであれば、やは

り皮膚科での診察を受けてください。

このイボが悪性化したという症例も無いため特に心配することはないのですが素人判断は禁物

です。

でも一番気になるのは見た目や、アクセサリーに引っかかる等のトラブルがありますね。

女性は顔や首など気になりやすい場所できると、気が滅入ってしまう事にもなりますね。

簡単に苦痛がなければ取り除きたいですよね、その為に取り除く方も多くいます。

スキンタッグなどの良性のイボは年々数が増えたり、イボが大きくなるという特徴を持っ

ています。

原因はなに?

詳しい原因は良くわかっていませんが、年齢と共に出来やすく、年と共に数が増えたり発症数

も増えることから、皮膚の加齢によるものと考えられています。

シミやソバカスと同じように直接的な原因はいろいろ考えられています。

どうしても紫外線に多く当たる首や顔などは、皮膚も柔らかく太陽の光に多く当たることで皮

膚がダメージを負いってしまうのです。

気を付けてケアしていても買い物などで屋外に出たり、スポーツなどで紫外線を浴びる機会が

多い方は注意が必要です。

首筋や脇の下や胸など皮膚が柔らかく衣服との摩擦が多い箇所では、皮膚に何らかの刺激が起

き出来るスピードを早める原因にもなります。

出来やすい箇所

スキンタッグは首筋や脇の下、内股、胸などにできやすいと言われています。

顔などにもできるのですが、特に皮膚の摩擦が多い箇所に発生します。

刺激や紫外線等の何らかによって皮膚の細胞が異常な増殖し、一部が盛り上がってきます。

最初は小さなふくらみが、次第に変化して突起状になったり数が増えたらスキンダックを疑い

ます。

やはり気になる箇所は首筋のイボだと思います。

1mm~3mm程度で肌色ではありますが指で撫でるとふくらみを感じます、盛り上がっている

のですが最初は気になりませんが、ふくらみが大きくなった時に見つける方が多いようです。

気になり始めると他の箇所にも出来ていたりします、首以外にまぶたなどにも発生するので、

厄介ですね。

痛みやかゆみ

スキンタッグは痛みや痒みなど特徴的な症状はありません。

少し盛り上がった部分が擦れたり、ネックレスに引っかかるなどで炎症が起きれば、痛みを感

じることはあります。

基本的には無症状で見た目以外に問題となることは無いでしょう。

年齢と共にイボが成長し突起してくることがありますが、指でつまんでもあまり痛みを感じま

せん。

皮膚の表面の一部が盛り上がっただけのため、万が一何かの拍子にイボが取れてもそれ程痛み

がないといわれてますが私の場合は少し痛みがありました。

大きくなることもあるの?

スキンタッグは大きく成長することがあると言われていますが、私の場合は小豆程になった事はないので詳細は分かりません。

摩擦が大きい箇所では1cm以上にまで大きくなることがあると言われています。

1mm程度の小さなものをアクロコルドン、2mm~3mm程度になるとスキンタッグ、それ以

上に成長し1cm以上になったものは軟性繊維腫と呼ばれています。

直接的な原因は一緒ですが、大きさによって区別しているのみです。更に成長して皮膚から垂

れ下がると、懸垂性繊維腫という名前に変わります。

日頃のスキンケアで嫌なスキンダックとはさよならしたいものです。

続きの関連記事

イボの種類と特徴 | 老人性からウイルス性まで6種類のイボ

老人性イボの基礎知識 | 20代でも出来る老人性イボ!

スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

アクロコンドルとは?|首のポツポツの正体は?

アクロコンドルとスキンダック | 二つの違いは?

首イボができる原因 | 感染性?非感染性?

首イボ治療方法 |レーザー治療から、漢方、お肌の手入れ

液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

ケミカルピーリングでイボの除去 |エステでの施術は?

首イボ治療の薬 | イボコロリや漢方、杏仁エキス

杏仁オイルで首イボ治療 | アンズでイボが治るの?

イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

シミが出来る6つの原因 | 注意!シミのできる原因をシャットアウト

シミの無い 若々しい肌を取り戻す | 本当に大事な洗顔方法

ターンオーバー |唯一のアンチエイジング最強予防法

首イボの予防 |アンチエイジングでイボ予防

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク