ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

黒の女性

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EDの種類

医学上ではED(勃起不全)には、その原因などのそれぞれの病状によって幾つかの種類に分けられます、なので一概にED(勃起不全)と纏めてはならない理由があり病状毎に種類別に最適な治療方法があります。

心因性勃起不全(機能性要因)

ED(勃起不全)で悩みがもっとも多いのが、このタイプです。

心因性勃起不全は別名機能性勃起不全と言われ患者の何らかの、心理的な影響によって勃起不全がの状態を言います、つまり解剖学的に言えば、勃起をすること自体に身体的な障壁はまったくないのですが、身体に原因があるのではなくて心にED(勃起不全)の原因があるのが機能性ED(勃起不全)に分けられます。

そもそもの原因となる出来事に対して何となく思い当たりはあるが、最近まで普通に勃起していたのにある日突然、起たなくなる訳なので、そのショックは大きく多くの人が悩みます、悩みに悩んで自分で色々と試行錯誤して、どうしようもなくなって医師に相談する方が多くそれでも相談する方はごく一部だと思われます、潜在的に機能性ED(勃起不全)を抱えた人は実数以上に多いかもしれません。

問題は悩む人の数だけ、解決方法も多岐に渡ります

心の治療に関してですが心因性のED(勃起不全)は精神的な理由によるので改善するには、その原因となった、出来事、気持ちをケアする必要があります、夫婦の気持ちのズレや子作りのプレッシャー、性行為に対する緊張、仕事、家庭でのストレス過去の性交の失敗を引きずる訳で長い間のセックスレスなど問題はひとそれぞれ解決方法も決められた方法があるわけではありません、他に例えば自分で自慰すれば勃起するものの相手がいると萎えてしまうとかコンドームをつけると起たないなど様々なケースもあります。

心因性のED(勃起不全)が厄介なのはED治療薬で改善できない場合が多いという点です、つまり効く場合もあれば効かない場合もある、仮に効いたとしても、一時的なもので根本的な心理的原因が解決したわけではないので、本当の意味で治療に成功したことにはなりません。

改善の近道はパートナーと一緒に解決すること!

心因性ED(勃起不全)に重要なのは、心因性ED(勃起不全)の治療に合った環境を本人の周りに、作ることですつまり正しい知識と、理解を得た、パートナーと一緒に、治療を受けることですが、稀に本人ではなく、パートナーの方がED治療薬を飲ませたいと医師のところに相談しに行く方や自ら薬を購入するなどのケースもあるようですが、それはEDに対する無理解の典型例のようなもので、ED(勃起不全)の原因が、もし心因性のものであれば、薬を飲んでもあまり意味がない訳で、いかに正しい理解と一緒に解決する、ことが重要なのか理解して頂きたいと思います。

黒いブラジャー

器質性ED(勃起不全)

病気、ケガ、薬の副作用でED(勃起不全)!

器質性EDの勃起不全は、いわゆる身体機能になんらかの異常、障害があってそれが原因で勃起することが、できないED(勃起不全)に分類されます、ただ器質性とひとくくりに、されていますが細かく分けると陰茎性や神経性、中枢神経、脊髄神経、末梢神経、血管性、内分泌性以外と数多くの種類に分けることが出来ます、その原因は様々ですが、手術や外傷によって神経に、障害を受けるケースや他の病気によって、血管、血流に障害が起きED(勃起不全)になってしまうケースまた薬剤が原因の場合など直接身体に、何らかの影響を与える出来事が、きっかけになって器質性勃起不全が起きるケースが大多数です。

例を挙げると頭部や脊髄、骨盤などの、手術または受傷による神経機能の低下、または欠損などが、原因となるケース、抗鬱剤、抗コリン薬、抗アンドロゲン薬、喫煙過多などの薬の副作用や、化学物質が原因となる場合です。

バイアグラの勃起改善薬が効かない場合も!

器質性ED(勃起不全)の勃起の程度は様々で、完全ではないが、ある程度勃起を確保でき射精が可能な方もいます、しかし勃起にかかわる神経の損傷が原因となる場合その回復は非常に困難であると、言われています、それはバイアグラなど勃起改善薬を処方しても効き目がないからです交通事故に、よって脊髄から性器につながる、神経を損傷し歩いたり運動したりといった日常生活をおくるには、影響はないものの勃起だけができないという方も現実にはいます。

神経を傷つけると修復は非常に困難ですしペニスの中の、どの神経が、どのような損傷を受けているかを、診断することでさえ現代医療では難しいとされています器質性ED(勃起不全)の中でも、この様なケースは治療がもっとも難しい部類と考えていいかもしれません。

ED(勃起不全)ではなく身体の治療が最優先!

慢性疾患がED(勃起不全)の間接的な要因となっている場合には血流が問題となるようです、例えば高血圧の場合は血管にストレスが増して血管が損傷、その血管部分が固くなりペニスに送られる血液量が少なくなるため、ED(勃起不全)になりやすいと言われています糖尿の場合も血管、神経の圧迫で血管が固くなり性的刺激を受けたとしても、十分な血流が得られず同じくED(勃起不全)になる場合が多いようです、これらのケースは器質性勃起不全と、ひとくくりにするよりは混合性勃起不全として認識されることが多いようです。

器質性ED(勃起不全)の場合ED(勃起不全)の治療も大切ですが性質上、その根本原因の治療が先行しないと、更にED(勃起不全)を進行させることになるので、気を付ける必要があるります。

レースとお尻

混合性要因

複数の要因が多く原因の特定が難し!

混合性ED(勃起不全)とは機能性ED(勃起不全)と器質性ED(勃起不全)が混在している、状態で複数の要因が絡み合ってED(勃起不全)という結果を、もたらしているので原因を特定することが困難な、ED(勃起不全)です、糖尿病、心疾患、末端血管障害、高血圧、肝機能障害、腎機能障害などの慢性疾患が間接的な原因で、更に心因性ED(勃起不全)の要因が重なって混合性ED(勃起不全)となります。

思い込みでED(勃起不全)に!

腎機能障害においては人工透析における、不均衡症候群=倦怠感や頭痛、下肢がつるなどの症状で、ストレスを受けるまたは腎不全の影響を受けて男性ホルモンの一種で性ホルモンとして重要な作用があるテストステロンの分泌量が少なくなることで心因性、器質性の両方のED(勃起不全)の原因を満たしていて糖尿病は症状の進行が、進むと末梢神経に悪い影響が及び勃起に必要となる、一酸化窒素が不足してED(勃起不全)を引きおこすと言われています。

ちなみに、糖尿病になったからと言って誰もがED(勃起不全)となるわけではなく、そのような情報が世間で出回っていることから糖尿病とED(勃起不全)の関係を知ったときに、自分から気持ち的にED(勃起不全)になると思い込み心因性のED(勃起不全)を引き起こす可能性があります、思い込みで本当に病気になってしまうのです。

頻尿、残尿感、射精痛、下腹部の不快感などの症状が出る慢性的な前立腺炎などの泌尿器疾患も、前立腺という言葉からED(勃起不全)を引き起こすと言われています、器質性ED(勃起不全)の要因が心因的な要因と、重なり混合的なED(勃起不全)を引き起こすきっかけとなるのです。

事故による、ショック、ストレスが原因の鬱病もホルモンバランスを崩し内分泌機能障害、などにより勃起に必要な要素が奪われることで、心因性と器質性の要素を併せ持つED(勃起不全)となります。

混合性ED(勃起不全)諦めずに医師に!

このような個々人で要因が異なり、また病気によっても複雑な事情を伴う、混合性ED(勃起不全)は個人で、問題を抱え得やすく誰にも相談出来ずに、悶々として日常生活を送る場合が多いといえます、ED(勃起不全)を診察する医師によると混合性のED(勃起不全)に悩んでいる人は意外に多くて改善されないだろうと、考え半ば諦めている人も多いようです、年齢が年齢だと言って、恥ずかしいからと言って諦めて閉じこもったりしていては治療できるものも、治療できません、自分で症状を分析して方法を試してみるのも良いかもしれません。

薬剤性ED(勃起不全)

成人病(生活習慣病)の治療薬が勃起不全!

勃起に関わる神経、血管、分泌されるホルモンは、実にさまざまなものがあり勃起の機能を支えていると言えますが、病気の治療のための投薬も、それだけに副作用のリスクが高くマイナス要因となることが知られています、副作用として勃起不全が起こり可能性も高く薬が原因のED(勃起不全)を薬剤性ED(勃起不全)と呼びます日本では薬剤性のED(勃起不全)となる、人の割合は全体の6%と少ないのですがアメリカでは25%と高い割合で、薬剤性ED(勃起不全)となっている人が多いことが分かっています。

ED(勃起不全)の原因となる薬剤

中枢神経系薬剤 、市販の風邪薬などに含まれる薬剤も、中枢神経系に作用する薬剤なので乱用には注意が必要です。

解熱剤、消炎鎮痛剤、抗けいれん薬、抗不安剤、抗うつ薬、向精神薬(睡眠薬も含む)

末梢神経系薬剤 、脳と脊髄以外のすべての神経要素からなり、中枢神経系と他の身体の器官をつなぐのが末梢神経で、刺激や興奮を伝道する部分にアプローチする薬剤と言えます。

筋弛緩剤、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン剤

循環器系薬剤、血液やリンパ液などの、体液を体内で輸送し循環させる働きをつかさどるのが循環器でこの種の薬剤は血液やリンパ液などを正常に作用させるための薬剤群です。

不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤

消化器系薬剤 、取り込んだ食物を貯蔵消化した栄養素の、吸収や消化できなかったもを排泄、運搬するのが消化器で、これらの疾患などに使われるのが消化器系の薬剤です。

消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬

高血圧治療の降圧剤が原因の可能性!

どういった薬剤がED(勃起不全)を起こしやすいのか薬剤性ED(勃起不全)が起こりやすい薬剤の一つに高血圧などの治療に使われる降圧剤があります、発症率の高い薬剤から上げてみます。

薬剤名    発症率

メチルドバ(中枢性α2アゴニスト)製剤        14~36%

レセルビン(ラウオルフィア)製剤    1~33%

スピロノラクトン(カリウム保持性利尿薬)製剤           4~30%

塩酸プロプラノロール(β-アドレナリン受容体遮断薬)製剤剤   2~15%

※使用量の増加に伴い発症率も高くなる傾向有り

薬剤で性欲の減退や射精障害!

薬剤によるED(勃起不全)は、大きく分けて3種類で薬剤の摂取・投与による、勃起不全や性欲の減退そしてもう一つは射精障害があります、射精障害はなかなか射精できなかったり勃起はするものの、オーガズムに達しなかったりする場合のことを言いますが実感しやすいのが、風邪をひいて、風邪薬を飲んだ後しばらくは性的な欲求が起こらない場合があります、あれは身体の衰弱と薬剤の影響もあることを忘れてはなりません。

白黒ヌード4

その他要因(リスクファクター)

生活習慣、身体の衰えが原因?

ED(勃起不全)には機能性ED(勃起不全)、器質性ED(勃起不全)、混合性ED(勃起不全)、薬剤性ED(勃起不全)の4つの主な原因の他にED(勃起不全)のリスク要因があります、それは生活習慣の影響もあれば単純に身体の衰えの影響もあります様々なリスク要因を理解する事で少しでもED(勃起不全)になるリスクを減らすことができます更に現在ED(勃起不全)になっている方もリスク要因をなくす事で正常な勃起を取り戻すことができる可能性が出てきます。

加齢

EDのリスク要因として最初に挙げるのは加齢です

データの上でも、実証されていて年齢が、上がれば上がるほどED(勃起不全)罹患率は上昇しています日本人の70代男性の71%がED(勃起不全)であることからもその割合が大きいことが理解できるでしょう。残念ですが老いは誰にでも何時かやってくるもの抗えません、とはいえ加齢が直接の原因ではない可能性が高く高年齢になるまで、健康的な生活を送り(性活も)病気をせず過ごせればED(勃起不全)になるリスクは少なくなりますので努力をしていくことも必要でしょう。

止められない喫煙!

もしかすると最大の要因かもしれません、それはタバコの成分が血流に大きな影響を及ぼすからです血管内皮障害を引き起こすことは良く知られていて直接的なリスクと喫煙が冠動脈疾患や脳血管障害を間接的にもたらすものなので、ED(勃起不全)を改善したいなら禁煙です。

糖尿病です!

糖尿病患者は糖尿病に罹患していない人の、3倍の発症リスクがあります器質性ED(勃起不全)になる可能性が高くて糖尿病の初期症状を示すケースもなっています、自律神経障害や陰茎の血管、海綿体の内皮細胞の障害などがED(勃起不全)を引き起こします。

高血圧・病気も薬も!

降圧剤による、副作用でED(勃起不全)になる人が多く注意が必要ですが高血圧患者の多くがそれ以前にED(勃起不全)を自覚している場合も多いようで高血圧によるEDの発症原因として陰茎血管、海綿体の構造変化と内皮の障害が原因となります。

万病のもと肥満!

BMI値が高い人ほど男性ホルモンの低下がみられることから、肥満とED(勃起不全)の相関性が疑われ肥満な人ほど成人病(生活習慣病)などが原因となる血管に対する障害リスクが大きくなり、動脈硬化はED(勃起不全)に大きな影響を与えています、勃起に必要な血液量を陰茎に送り出すことができないからです。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク