ED(勃起不全)治療 |考えておきたい「高齢者の性」

黒のレース

スポンサーリンク
スポンサーリンク

考えておきたい「高齢者の性」

現在の日本では、5人に1人が高齢者となり超高齢社会になっています、年齢と共に体力の低下や健康上の理由から社会活動の第一線から、退く高齢者が多い中で性生活をエンジョイしている人も、少なくはありません若い世代の誰もが、必ず迎える高齢者時代の性に対してどう向き合えばいいのでしょうか。

総人口の65歳以上の人が占める割合を高齢化率といい、この率が7%を超えると、高齢化社会で14%を超えると、高齢社会21%を超えると、超高齢社会と呼ばれます。

では日本はどうでしょうか。

1970年の調査で「高齢化社会(7.1%)」

1995年の調査で「高齢社会(14.5%)」

2007年の調査で「超高齢社会(21.5%)」

2010年では、23.1%です。

現在の日本では既に5人に1人が高齢者という時代を迎えているのです。

少子化に伴い高齢化率は今後さらに上昇するでしょう、勢いを増す高齢化で主役である高齢者の性はどうなっていくのでしょうか。

65~69歳男性の18%が月2~3回性交

日本性科学会、セクシュアリティ研究会が配偶者のいる、40~70代の男女1000人を対象にして1999年10月~2000年3月、行った調査によると高齢者と呼ばれ始める65~69歳男性のうち週2回以上性交をする人は2%でした。

それ以外は

週1回=7%

月2~3回=18%

月1回=12%

年数回=27%

この1年なし=35%です。

同年齢層の女性は

週2回以上=0%

週1回=8%

月2~3回=20%

月1回=8%

年数回=23%

この1年なし=43%でした。

調査の年齢に、近い方はご自分の実績と比べられると、興味深いと思いますこの調査は配偶者との性交に、限定したもので婚外交渉は反映されていません、男女とも年齢層が上がるにつれて「この1年なし」の割合が明らかに増えています。

「性欲は加齢とともに衰える」という誤解

性行動の終わりは人それぞれ生涯現役を貫く先輩も!

調査から年齢を重ねるにつれて性行動が、ごぶさたになることが読み取れますが体力低下や健康上の理由など加齢による影響と考えることもできるでしょう。

でも生涯現役を生きがいにパートナーとの豊かな性生活をエンジョイしている高齢者も少なくありません、実際に調査の最高年齢層である、75~79歳では男性の11%女性の17%が「月2~3回性交する」と回答しています。

人間の性行動には年齢的な始まりはありますが、一応に決まった終わりはありません、なのに高齢者の性については、性欲は加齢とともに衰えるという誤解が一人歩きしているようです。

そのため超高齢社会を迎えているのに高齢者の、自由な恋愛や性行為を蔑(さげす)んだり呆れたり、高齢者の性を否定的に捉える風潮が根強いのが現状です。

縄

セクシャル・ライツ

十人十色のように性に対する捉え方は人それぞれですから世間の目や、実年齢をいたずらに気にせずにパートナーとの満ち足りた、性生活を楽しんだり精神的なつながりを、大切にしたりするのは素晴らしいことです。

性行動の刺激=快感は最終的には脳で感じるのですから考え方や、その重要性に個人差があるのは当たり前です、他人の流儀に惑わされずマイペースで性を楽しむ余裕をもちたいものです。

人によってはパートナーに先立たれる場合もあるでしょうし生別か死別かを問わず新たなパートナーと、出会う機会に恵まれることがあるかもしれません。

人が誰でも、生まれつきもっている性的に幸せになる権利を、セクシャル・ライツといいます、ここで大切なのは、こうありたいと、願う自分の気持ちを高齢者が生きがいと捉え直して充実した、人生設計に役立ててもらうことです。

麦畑の女性

「基礎体力」が豊かな性生活に必要

愛を深めるにはパートナーと触れ合う時間や空間が必要

高校や大学を卒業したばかりの剛速球で鳴らした投手が、経験を重ねるにつれて変化球で勝負するようになるのは、自然の成り行きです体力や持続力の衰えをテクニックで補うというわけです。

同じように性生活も同様です力が有り余っている、若いときは勢いと回数で自分の快感を満たすことが多いはずです、しかし中高年になると回数よりも1回あたりの深さを追い求めるようになります。

年齢と共に自分の欲求だけでなくパートナーと一緒に過ごす、時間や空間を重視するようにもなってきます、場合によっては挿入をしなくてもお互いの肌に触れ合うだけで精神的な安らぎを覚えることもあるでしょう。

人間の性に引退年齢はありません、むしろ奥深い性の世界に関心をもち新鮮な興味を、抱くことは若さを保つためのよい刺激となるはずです。

高齢者が、豊かな性生活を送るには食生活や、健康管理に注意を払い基礎体力をつけておくことが大切で、体力と体調に応じて行われる性生活は適度な全身運動にもなるでしょう。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

ED(勃起不全) |股間で事件は起きている!

ED(勃起不全)アンチエイジング股間編 |「今はただ、小便だけの、道具かな」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク