イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イボの治療に効くサリチル酸とは?

 イボは削ってはいけない

アクロコルドンの説明ではウィルス性ではないとお話ししましたが、イボには、ヒトパピロー

マウイルスに感染することでできる腫瘍もあります。

なので自然治癒する場合もありますが、数が多かったり、イボが大きくなっている場合には、

ウイルス生のイボかもしれませんので注意が必要です。

アクロコンドル等の老化が原因のイボとは治療方法が違いサリチル酸系の薬を使う必要があり

ます。

間違った治療方法や削ったりするとイボの中のウイルスが撒き散らされ、イボが大きくなった

り、数が増えてしまう原因になります。イボができてしまったら直接触らず、薬で治していき

ましょう。

また、他人にウイルスを移してしまう危険性もありますので、酷い時には皮膚科での治療が必

要です。

イボに効くサリチル酸とは

ドラッグストアや薬局でよく見るイボの薬と言えば、イボコロリが有名です。

イボコロリを含むイボの薬には、「サリチル酸」が主成分として配合されています。

サリチル酸は、固くなった皮膚の角質を柔らかくする角質軟化作用があり、イボに塗ると患部

の角質が腐食し、柔らかくなります。

そうすると、人の体は皮膚の下で新しい皮膚を再生しようと、細胞分裂が促進されます。細胞

分裂が促進されることにより、イボが下から再生された皮膚によって押し上げられ、患部(イ

ボ)を取り除くことができることになります。

イボの外用薬の使い方

イボの薬には液体タイプと絆創膏タイプのものがあります、液体タイプの場合には患部(イボ

にだけ)に注意して薬剤を塗ります。

絆創膏タイプのものは、直接貼るだけなので非常に簡単です、入浴後に塗ったり貼ったりする

と、固いイボの角質が柔らかくなっていて、薬用成分が浸透しやすくなり効果的ですね。

液体タイプ(昔ながらのイボコロリン島)の場合、薬剤が乾くと白い皮膜になります。

白い膜になれば、薬が落ちる事がないので水仕事や入浴をしても大丈夫です。

液体タイプは、1日に数回、3〜4日の塗布でイボが白く軟化し、絆創膏タイプは貼って2〜

3日したら剥がして確認します。

イボが軟化したらイボの芯を取り除いても大丈夫ですが、痛みがあれば再度薬を塗っておくと

自然に取れます。

サリチル酸の入った薬を使う時の注意点

サリチル酸の角質軟化作用は、気を付けて使用しないとイボだけではなく、普通の皮膚にも作

用します。

イボの周りの普通の皮膚にもサリチル酸を付けてしまうと、健康な皮膚が赤く腫れる事があり

ますので、サリチル酸の入った薬はイボの患部だけに塗るように注意して使いましょう。

続きの関連記事

イボの種類と特徴 | 老人性からウイルス性まで6種類のイボ

老人性イボの基礎知識 | 20代でも出来る老人性イボ!

スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

アクロコンドルとは?|首のポツポツの正体は?

アクロコンドルとスキンダック | 二つの違いは?

首イボができる原因 | 感染性?非感染性?

首イボ治療方法 |レーザー治療から、漢方、お肌の手入れ

液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

ケミカルピーリングでイボの除去 |エステでの施術は?

首イボ治療の薬 | イボコロリや漢方、杏仁エキス

杏仁オイルで首イボ治療 | アンズでイボが治るの?

イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

シミが出来る6つの原因 | 注意!シミのできる原因をシャットアウト

シミの無い 若々しい肌を取り戻す | 本当に大事な洗顔方法

ターンオーバー |唯一のアンチエイジング最強予防法

首イボの予防 |アンチエイジングでイボ予防

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク