サンマやサケを食べて精力アップ |実りの秋でみなぎる下半身に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンマやサケを食べて精力アップ 実りの秋でみなぎる下半身に

山下 真理子3

おいしく食べて精力もアップ!(深澤宏太撮影)

サンマに含まれる代表的な栄養素が、必須脂肪酸である『DHA』や『EPA』です。必須脂肪酸というのは、人体では生成されないため食べ物からの摂取が必要な脂肪酸のこと。

DHAは、学習能力の向上に効果があるとして知られるようになった栄養素。血行の改善にも効果があります。アルツハイマー型認知症の発症を抑制する働きがあるとも言われています。EPAも同様に、血管拡張作用や血液をサラサラにする効果により、血流促進に役立ちます。

体内の血流が良くなれば、性器への流入も増え、力強い勃起を促し精力アップにも繋がります。

もうひとつ注目しておきたい栄養素が『セレン』です。セレンには強い抗酸化作用があり、老化防止に役立つ成分。身体の若さを保ち、勃起力の向上も期待できます。

でも、気を付けなければいけないのが、過剰摂取です。取り過ぎると、せっかくの効果がむしろマイナスに働いてしまう。必要とされるのは微量なので、サプリなどで取る必要はなく、食べ物での摂取が望ましいです。

秋を代表する魚というと、サケもそう。サケもまた、栄養面において非常に優秀な食材です。特に『アスタキサンチン』という栄養素は、高い抗酸化力を誇り、アンチエイジング効果は大きい。精力アップはもちろん、抜け毛予防、美肌効果なども期待できます。眼精疲労の回復効果も見込めるので、日頃のパソコンなどの使用による疲れ目には最適です。

サンマを食べる際、大根おろしを添えることが多いと思います。さっぱりするだけでなく、『アミラーゼ』という成分が消化吸収を助けます。また、焦げによる発がん性物質の作用を抑制する効果もあるので、たっぷりのせてお召し上がりください。

■山下真理子(やました・まりこ) 医師。京都府立医大卒。美容やアンチエイジングに関する講演を数多く行う。著書に「女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス」(ぶんか社)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク