イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

レーザー治療

レーザーで除去する

多くの皮膚科・美容クリニックで行われるようになった、いぼのレーザー治療。

液体窒素での治療に比べて痛みが少なく、治療の後も美しいことから人気を集めています。

イボの除去ではレーザーを使ってイボを根元からくり抜く方法が一般的です。

イボの大きさや深さに合わせ最適なレベルにレーザー調整し、肌に負担をかけずに治療を行い

ます。しかもレーザーでの治療は出血も少なく、痛みも少ないことが特徴で、ピンポイントで

治療する為に跡も残りにくいです。

ただまだまだ多くの病院で保険適応外とされる事が多く、費用面で負担が大きいのがネックで

す。

当然イボの数や大きさ、種類などで差はありますが、3ヶ月から半年程度の治療期間がかかる

ようです。

その費用は、1mm2000円~5000円と病院によって、価格差がありますので、よく調べて納

得した上で治療を受けましょう。

もう少し詳しくレーザーを使った、いぼの除去法をお話しします。

レーザーでのイボ除去に対する認識は、液体窒素を使用した治療と同じくらい高まっていま

す。美容クリニックなどで、イボのレーザー治療を行っている病院も増えています。

イボのレーザー治療は、水に炭酸ガス(CO2)レーザーを反応させるのが一般的です。

水分の多い皮膚にレーザーを照射すると、水に反応して照射部分に熱エネルギーが発生しその

熱が瞬間的に蒸散するに伴って皮膚が削られ、イボが除去されます。

イボを根元から摘出するレーザー治療を行うと、治療後の皮膚がへこんだ状態になるので、皮

膚の回復を促進する薬を塗り、火焼けや色素沈着を予防し数カ月後には周囲の皮膚と見分けが

つかない状態に近づくことができると言われています。

レーザー治療のメリット&デメリット

メリット

イボのレーザー治療の人気の理由に、完治率の高さがあります。

液体窒素の従来の治療では、何回か繰り返し治療を行う必要があったのに対して、レーザー治

療の場合、1~2回の治療で完治することが出来ます。

費用は高くても早く確実にイボを治療したいという人に向いています。

デメリット

しかし、レーザー治療にもデメリットがあります。

多くの病院で液体窒素での治療は保険が適応されますが、レーザー治療は保険が適応できない

事が多く、治療費が高い傾向にあり、更に病院に毎に費用が大きく異なるため、事前に確認し

て思った以上に費用が掛かったという事が起きない用意することが大切です。

また老人性のイボは根本的な改善を図る必要があります。

保険で治療可能な病院もあるようなので確認してみるのも良いですね。

続きの関連記事

イボの種類と特徴 | 老人性からウイルス性まで6種類のイボ

老人性イボの基礎知識 | 20代でも出来る老人性イボ!

スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

アクロコンドルとは?|首のポツポツの正体は?

アクロコンドルとスキンダック | 二つの違いは?

首イボができる原因 | 感染性?非感染性?

首イボ治療方法 |レーザー治療から、漢方、お肌の手入れ

液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

ケミカルピーリングでイボの除去 |エステでの施術は?

首イボ治療の薬 | イボコロリや漢方、杏仁エキス

杏仁オイルで首イボ治療 | アンズでイボが治るの?

イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

シミが出来る6つの原因 | 注意!シミのできる原因をシャットアウト

シミの無い 若々しい肌を取り戻す | 本当に大事な洗顔方法

ターンオーバー |唯一のアンチエイジング最強予防法

首イボの予防 |アンチエイジングでイボ予防

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク