夏負けSTOP |アンチエイジングに毎日食べる物!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏老けSTOP!アンチエイジングに毎日食べたい物3つ

2017年8月13日 19時30分 (2017年8月17日 16時50分 更新)

気温、湿度、紫外線と、身体にストレスとなることが多い夏。身体やお肌の調子が悪くなる方も多いのではないでしょうか。

ベリー

秋になるころには、お肌も身体もぐったりとして見える「夏老け」になっている……そんな状態を防止するために、毎日食べたい食べものを3つご紹介します。

■夏老け防止に!毎日食べたい食べもの3つ

(1)納豆

納豆は発酵食品の代表選手的な存在です。そのよさは発酵食品であるだけではありません。

納豆

納豆に含まれる「ポリアミン」という成分は、LFA-1という老化因子の発生を抑え、アンチエイジングに役立つことがわかっています。

実際、毎日納豆1パックを8週間食べることで、血液中のポリアミンの濃度が高まることがわかっていますから、毎日の習慣にしたいですね。

(2)トマト

トマト

トマトといえば、赤い色素成分「リコピン」ですね。リコピンには、紫外線からお肌を守り、シミ・シワ・タルミなどお肌の老化現象を抑える働きがありますから、紫外線が強い季節には積極的にとりましょう。

(3)ベリー

ベリーに含まれるエラグ酸というポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。シミの元となるメラニンを作り出す酵素を抑える働きで、お肌を紫外線から守ることに加え、体内の酸化を抑える働きで、血液や細胞の健康を守ります。

ベリー

細胞が活性酸素によって酸化すると、スムーズにエネルギーを作ることができず、疲労の一因となりますから、夏の疲れを残さないためにもポリフェノールは大切です。

エラグ酸の多い、イチゴ、クランベリー、ブルーベリーなどは、コンビニやスーパーで冷凍フルーツとして販売されています。そのまま食べることができるので、暑い日の朝食やおやつに食べてもいいですね。

海や山、海外へとお出かけの多い夏。夏老け防止の食べものを毎日の生活に取り入れて、元気に楽しく過ごしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ

更年期に、差し掛かる年代の男性が集まるとED(勃起不全)の話題になることも多いようです、そんな席で、自分はもう年だから、とか、もう卒業したよ、」などと妙に言い訳じみた、引退宣言でお茶を濁す人が少なくありません。

でも、60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク