中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

ヌード白黒

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中折れの改善方法

勃起不全の治療方法

中折れをする人は男性ホルモンの「テストステロン」が減少している可能性があります、今回は、そのテストステロンを増やす方法をご紹介します。

刺激が強すぎるマスターベーションも、中折れの原因となるためマスターベーションの注意点についてもお話しします。

男性ホルモンを増やす

男性ホルモン「テストステロン」の減少は「中折れ」の原因になります、テストステロンは男性を男らしい体つきや思考回路に発育させる作用があり、勃起の際にペニスへの血液導入を促進する、「一酸化窒素」を供給する働きもあり、中折れする人はテストステロンの減少が原因になっている事が多いのです。

テストステロンの分泌は加齢やストレスによって減少していくので、テストステロンの減少による中折れを改善する為には分泌量を増やす、生活を心がけることが大切で、これからテストステロンの分泌量を増やすのに、効果的な生活習慣についてお話しします。

ヌード9

十分な睡眠が必要

睡眠不足が続くと、テストステロンの値が下がり始めます、テストステロンは寝ている間に作られるので良質の睡眠をしっかり取れるようにすることが必要です。

リラックスタイム

テストステロンは「副交感神経」が、優位のときに盛んに分泌されます、副交感神経とはリラックスしている時に優位に働く自律神経のことで、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって入浴したり、音楽で心を休めるなど、リラックスする時間を持つ事が重要です。

楽しむためのパソコンやテレビ、ゲームは「交感神経」を優位に働かせ逆効果になります。

運動をする!

筋肉を刺激する運動をすると、テストステロン値が高まります、筋トレ、ウォーキング、ジョギング、など体を動かす習慣を身に着ける事です。

食事に気を付ける!

ネギ、タマネギ、ニンニクに含まれる「含硫アミノ酸」はこそテストステロンの生成を助ける働きがあり積極的に摂る事も大切です、残念ながら、これさえ摂っておけば大丈夫というわけではないので、バランスの良い食生活を心がけることが重要です。

マスターベーション

正しいマスターベーションを

刺激の強いマスターベーション、これも中折れの原因に、ペニスを強く握ったり手を早く動かし過ぎたり、畳や布団に擦りつけたりするマスターベーションが習慣に、なっていると性行為の際に、女性の膣ならではの柔らかな刺激では、快感を得られず射精をするまでに時間がかかり過ぎて途中で萎えてしまうためです。

これは医学的に、「膣内射精障害」といわれる症状で男性の不感症のようなものです、習慣性があるために、改善するのは簡単ではありませ、1番いいのは刺激の強いマスターベーションを絶対にしないことです。

指で輪を作るようにして、やさしく上下に動かすなど弱い刺激でも快感を得られるよう慣らすことが必要です。

如何でしたでしょうか、自分の力でも中折れは改善できそうです。

続きの記事はこちらから。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク