眼鏡スタイリストが警鐘! | 合わないメガネで老ける3つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

眼鏡スタイリストが警鐘!“メガネ”で老ける3つの理由

眼鏡

「ほとんどの人が、加齢とともにメガネが必要になります。これまで近視もなく、メガネとは無縁と思っている人も、例外ではないんです。30代後半から少しずつ進行し、調節力が低下する、いわゆる 老眼 症状があらわれ始めます。多くの人は、人生の半分以上を老眼と付き合うことになります。どうせメガネのお世話になるなら、メガネを楽しむべき!」そう力説するのは『あなたの眼鏡はここが間違っている』(講談社)の著書もある、眼鏡スタイリストの藤裕美さん。「 老眼と思われたくない  メガネが似合わない などを理由に、メガネを敬遠している人はけっこういらっしゃいます。でも、みなさんメガネを知らないだけ。じつはメガネには 美容効果 も期待できるんです」

正しくメガネを選ばないと、美容の面でも老化が進む。藤さんによると、その理由は大きく分けて3つあるという。

【1】眉間のシワが常態化

スマホの文字を大きくしている、近くのものを離して見ている人は注意が必要。

「視力矯正や老眼対策を怠り無理に見ようとして目を細めると、無意識に眉間にシワが寄ってしまうんです。ほんの短い時間でも、一日に何度も繰り返すと、そのシワが深く刻まれてしまうことになりかねません」

【2】たるみで顔が変形

左右に視力の差があっても、慣れてしまって放っておく人もいるが、それが悲劇を招く。

「視力に左右差があると、無意識に視力が良い方の目ばかりを使ってしまう。視力の弱い方の、ピントを合わせる毛様体筋が衰え、それが目のたるみに繋がることも。顔半分が垂れ下がってしまうケースもあります」

【3】眼精疲労で抜け毛!?

度が合ってないレンズが目に負担をかけ、ドライアイやストレスを引き起こし、抜け毛や薄毛になることも  。

「眼精疲労で血液やリンパの流れが悪くなり、頭皮も固くなってしまうからです。度数を見直したり遠近両用メガネに切り替えたりして、抜け毛が改善したケースもあります」

見えない ことは、身体にさまざまな不具合を生じさせるため、最近ではレンズも進化しているという。

「レンズやコーティングにこだわることもおすすめです。目の健康を守るルテインの損傷を保護するものや、シワやたるみの原因になりやすいといわれる近紫外線をカットするレンズもあります」

正しいメガネ選びは、アンチエイジングにつながるのだ。

メガネ1

更年期に、差し掛かる年代の男性が集まるとED(勃起不全)の話題になることも多いようです、そんな席で、自分はもう年だから、とか、もう卒業したよ、」などと妙に言い訳じみた、引退宣言でお茶を濁す人が少なくありません。

でも、60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク