リザベリン |【イエロータブレット・L-アスパラギン】

アスパラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

L-アスパラギン酸

L-アスパラギン酸はアミノ酸の一種、人間の身体の中でも合成できます

アスパラギン酸はアスパラから抽出される事から、その名前がついています、また旨味成分として食品に配合する事も多く、天然成分なので安心して使用することができます。

L-アスパラギン酸は2種類ある、アスパラギン酸の身体に有益な方です。

L-アスパラギン酸は毒性のアンモニアを身体の外に排出させたり、疲労回復をさせたりといった効果の他、肌の新陳代謝を促進して保湿すると言う効果も持っています。

L-アスパラギン酸はこの効果によっ身体を良好な状態へと導き、精力増強や育毛のために役立つのです。

アスパラギン酸で疲労回復

アスパラギン酸で疲労回復 アスパラギン酸は疲労回復の栄養素として、多くの栄養ドリンクや精力剤に利用されています。

トマトの味の主成分でもあり、 栄養ドリンク以外にも人工甘味料アスパルテーム、化粧品、医療薬など、様々な用途で利用されています。 

また、身体の中で合成されることから、 非必須アミノ酸(他の栄養素を摂取すれば体内で合成できるアミノ酸)になっています。 

なぜアスパラギン酸が精力増強や疲労回復に効果があるか、アスパラギン酸を多く含む食品、アスパラギン酸の一般的な効能について紹介しています。  

なぜアスパラギン酸が疲労回復に効果があるのか

アスパラギン酸が精力増強、疲労回復に効果があるのは4つの効果によるものです。

エネルギー産出に寄与する(タンパク質、糖新生)

毒素を体外に排出する

肝機能を保護する

ストレス抵抗性を高める

エネルギー産出に寄与する(タンパク質、糖新生)

アスパラギン酸はタンパク質代謝と糖新生の2つの方法でエネルギーを産出に寄与します。

タンパク質は、脂質、炭水化物よ並ぶ3大栄養素の一つです、 このタンパク質を代謝し、エネルギーを作り出すTCA回路に必要な物質を作り出すために、 アスパラギン酸が利用されます。

また、身体の中でグルコースが不足すると、人間はエネルギーを作り出すことができなくなります、 グルコースが不足しないよう炭水化物以外から作り出す代謝経路(アミノ酸の糖新生)にもアスパラギン酸が利用されます。

激しく体力を消耗(SEXで)し、グルコースが不足するような疲労に有益です。

 研究所の実験で、カルニチン(生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質)とアスパラギン酸の混合物をラットに摂取させたところ、 グリコーゲンの量が増加して運動の持続時間が延長したという成果があります。

運動

毒素を体外に排出する

アスパラギン酸は体の中を巡る毒素であるアンモニアを尿にする作用があります。

身体の中で発生したアンモニアは無害な尿として排出されずに、血液中に残ると、その毒性によって中枢系にダメージを与えます。

また、ある説ではアンモニアは、血液中に残存すると疲労物質として作用するのではないかとする説も存在します。

このアンモニア毒素を身体から排出するのに、アスパラギン酸、オルニチン、アルギニンが利用される事で排出します。

肝機能を保護する

アスパラギン酸は毒素であるアンモニアを素早く尿(無毒化)とし、身体の外に放出することで肝臓を保護する作用があります。

ただ、この作用(肝臓を保護する)についてはデータの不足により、懐疑的な意見も見られます。

ストレス

ストレス抵抗性を高める

アスパラギン酸は興奮性の神経伝達物質(※「興奮」というのは人の心の興奮とは直接関係ありません。 神経が興奮するということは、その神経細胞が電気的に変化するということで「発火する」「活動電位が生ずる」というもいわれます。 その伝達物質を受け取った細胞に興奮を生じさせる性質をもった物質ということです。)で、 中枢神経において興奮性神経伝達を担う興奮性アミノ酸として作用し、 ストレス抵抗性を高めると考えられています。

 ストレス抵抗性を高めることで、うつ病や副腎疲労などを予防する効果があります。

アスパラギン酸を多く含む食品

アスパラガスのイメージが強いアスパラギン酸ですが、 他の食品と比較するとアスパラガスの含有量はイメージ程は多くなく大豆や大豆製品に多く含まれます。

アスパラギン酸は熱に弱く、調理の際は加熱しすぎない注意が必要です。

アスパラギン酸を多く含む食品

大豆タンパク       10,000mg           

かつお加工品       7,2007,300mg

湯葉           6,800mg

ガゼイン              6,300mg

その他    高野豆腐、豚(ゼラチン)、きな粉、しらす干し

アスパラギン酸のその他の効果

美容

コラーゲンはアミノ組織ではアスパラギン酸が大量に含まれています、この事から美容への効果が期待されおり 多くの化粧品に含まれています。

免疫力を高める

ピコリン、アスパラギン酸、亜鉛の複合体は様々なウィルスに対してウィルスの繁殖を防止する効果があります。

更に、アスパラギン酸はRNADNAにおいても抗体合成の生産にも非常に重要であるとされています。

他に胸腺の重要な免疫刺激剤で放射線の有害な影響の一部から保護する作用もあります。

心筋保護

動脈血量の減少による局所の貧血(虚血)、閉塞した血管を再び開通させる(再潅流)によって引き起こされる代謝ダメージや 機能的ダメージから心臓を保護する作用がある効果的な成分とされています。

その他

慢性肝炎や心筋代謝障害、低カリウム症また鉄欠乏性貧血、 成長ホルモン欠損症、肝硬変、てんかん、統合失調症、アルツハイマー病に効果があるとされています。

アルコール代謝を阻害

アスパラギン酸はアルコールの代謝を阻害します、そのため、お酒を飲む場合は避けた方が良いでしょう。

関連記事

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

リザベリン |驚きの有効成分100種の中身は?

リザベリン |【イエロータブレット・L-オルニチン塩酸塩】

リザベリン |【イエロータブレット・L-トリプトファン,リジン】

リザベリン |【イエロータブレット・N-アセチルグルコサミン】

リザベリン |【イエロータブレット・キトサン】

リザベリン |【イエロータブレット・コンドロイチン硫酸Na】

リザベリン |【イエロータブレット・燕の巣抽出物】

リザベリン |【イエロータブレット・甘草(かんぞう】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク