リザベリン |【イエロータブレット・キトサン】

カニカニ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キトサン

キトサンって?

キトサンってよく聞きますよね、それはカニの甲羅やエビの殻などにある動物性食物繊維「キチン」を化学処理する事によって生成されたものです。

生成過程でキチンをキトサンに変化させられなかった場合に、キチン・キトサンと呼ばれることがあります。

化学・食品工業用、医療用のど多目的に使われるキトサン、ですが注目したいのは健康食品としてのキトサンです。

コレステロールを下げるサプリメントとして、初めて特保(特定保健用食品)に認定されました、キトサンは多糖類としては珍しくプラスの電気を帯びている特徴があります。

プラス電気を帯びている、という特徴がコレステロール値を下げる働きをはじめ様々な効果・効能につながっています。

キトサンの効果・効能

コレステロール値を下げる

お腹

コレステロール、肝臓で生成される胆汁酸の原料で胆汁酸は脂肪を吸収しやすくする働きを持っていて普通は回腸(小腸の一部)で回収されて肝臓に戻って再利用されます。

キトサンはプラスの電気を帯びており小腸の中で、マイナスの電気を帯びている胆汁酸と結合そのまま体外へと排出されるので、肝臓は常に新しい胆汁酸を生成しなければならない為に材料として血液中のコレステロールを使います。

この結果、血中コレステロールの減少につながります、この効果はマウスの実験によっても確認されています。

血圧

血圧の上昇を抑える

高血圧、原因の1つは塩分摂取過多による事で血液中の塩分濃度が上がってしまうことです。

身体の塩分濃度が高くなると体は塩分濃度を下げるため、血液中に水分を取り込もうとしますその働きが血圧を高くします(これは余分な塩分と水分を摂ると血液が増えてしまいます、心臓や血管には一定の容量があり中の血液が増えすぎてしまうと、血管を広げて血圧も上がってしまいます)。

キトサンには体内の余分な塩分と吸着する事で塩分を便として体外へ排出する作用を持っています、この働きにより血液中の塩分濃度は一定に保たれ、血圧の上昇を防ぎます。

少女1

デトックス・ダイエット効果

キトサンが吸着するのは塩分だけではなく、プリン体、コレステロールなど身体に悪影響を及ぼす人体に有害な食品添加物や重金属など色々な毒素も同様に吸着して体外への排出へと導いてくれます。

また、キトサンと結びついた胆汁酸が脂肪を乳化して吸収しやすくする作用を失い、これにより脂肪は小腸での吸収が阻害されるため、ダイエット効果も期待できます。

肥満患者の臨床試験ではキトサンの摂取で食後のインスリン感受性(細胞へのブドウ糖の吸収に必要なインスリン受容体の働きのことを言い、ブドウ糖が細胞に取り込まれることによって血糖値は下がります)が高まることがわかり、この作用は、肥満の予防に大きな効果があります。

免疫機能を高める

分子構造

マクロファージという人体を病原菌や異物から守る働きをする免疫細胞があります。

プラスの電気を帯びたキトサンが身体の中に入ると、マイナスの電気を帯びた重金属やウィルス、発がん性物質などと結びつきます。

マクロファージはこのキトサンと有害物質が結合した物を異物であると認識して、免疫細胞を増やして活動を活発化します、活発化すると免疫力が向上し、病原菌に対する抵抗力や自然治癒力が高まります。

がん抑制効果

マクロファージと同じ免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞やT細胞は、がん細胞(腫瘍細胞)を攻撃し消滅させる働きをします。

免疫細胞は弱アルカリ性の状態で活発に働くのですが残念な事に、がん細胞の周辺は酸性になりやすくNK細胞やT細胞の働きが十分に発揮されないのです。

継続的にキトサンを摂取することで腸内環境を整える事で腸内をアルカリ性に変化させます、アルカリ性になる事でNK細胞やT細胞が活発に働ける環境になり、がんの抑制に効果があると言われています、キトサンは主に消化器官で作用し特に大腸がんに対して効果があります。

更にキトサンは抗がん剤を取り込み、その成分を少しずつ放出して効果を一定に長く保つ「徐放作用」を持っているので、抗がん剤の副作用を抑えながら、その効果を高めることができます。

関連記事

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

リザベリン |驚きの有効成分100種の中身は?

リザベリン |【イエロータブレット・L-オルニチン塩酸塩】

リザベリン |【イエロータブレット・L-トリプトファン,リジン】

リザベリン |【イエロータブレット・L-アスパラギン】

リザベリン |【イエロータブレット・N-アセチルグルコサミン】

リザベリン |【イエロータブレット・コンドロイチン硫酸Na】

リザベリン |【イエロータブレット・燕の巣抽出物】

リザベリン |【イエロータブレット・甘草(かんぞう】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク