秋の肌は「黄色ぐすみ」に注意! |最新アンチエイジング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋の肌は「黄色ぐすみ」に注意!ドクターに聞く最新アンチエイジング

 暑い夏も終わり。ホッとしたところで、秋こそは美容を磨いていきたいものですよね。

とはいえ、夏なら紫外線対策、冬なら乾燥対策という風にテーマが決まってくるものですが、秋は何に気をつけてケアを行えばいいのでしょうか? 意識すべきポイントについて、アンチエイジング界の最前線にいる人気ドクターにお伺いしました。

秋の美容

日焼けは通年で対策すべし

教えを請うたのは、東京・四谷でレーザー治療を専門に扱う「クリニックF」の院長にして医学博士の藤本幸弘先生。

30種類余りのレーザー機器を駆使して悩める女性たちを美に導いているだけでなく、国内外で行われる学会にも精力的に参加しているアンチエイジング医療界の最前線にいる人気ドクターです。

藤本幸弘先生

藤本幸弘先生

 ――先生、秋からの季節に意識するべきケアって何ですか?

「そうですね。秋からというより、ずっと続けていてほしいのは、ズバリ日焼け対策です。夏が終わって日差しに段落がつくと怠ってしまいがちになりますが、日焼け対策は1年を通して行うべきものなんです。紫外線から受ける肌のダメージは1年を通じて減るものではないですし、最新の研究では、日光に含まれる赤外線からも肌はダメージを受けるとわかってきているんです」(藤本院長、以下・同)

――え、赤外線ですか?

「はい。みなさん、日焼け対策というとイコール紫外線対策を考えますが、2009年にフロリダで行われた米国皮膚科学会で、赤外線も肌にダメージを与えるという発表があったんです。それまでは、赤外線は無害と考えられてきましたが、違うのではないかと…。確かに、赤外線ヒーターのこたつに入ると肌がヒリヒリしたり、乾燥したりしますよね。それは赤外線で肌がダメージを受けているということなんです」

――では、何をすれば?

「赤外線を予防することです。というのも、赤外線のダメージは紫外線のダメージよりも取り除きづらいんです。それぞれの波長の特性なのですが、紫外線は肌の上層部に届くものなので、ダメージを受けた後でもレーザー治療が行いやすいんです。一方、赤外線は細胞のより奥にまで届くので取り除きづらく、肌を“黄ぐすみ”状態にする原因になるのではないかと考えられています」

――“黄ぐすみ”ってなんですか?

「“黄ぐすみ”というのは、細胞の奥深くまで色がついてしまった状態です。肌を見ると、シミにはならないけど、なんとなくくすんだところってありますよね。これが“黄ぐすみ”です。“黄ぐすみ”の原因は、加齢及び、紫外線だと考えられてきましたが、それだけでなく、赤外線によるダメージもあるのではないかと言われ始めています。

例えば顔の皮膚と胸元あたりの皮膚を比べてほしいのですが、胸元当たりの白さって、顔と白いところと比べても比べ物にならないくらい白くて透明感がありますよね。ということは、“黄ぐすみ”の主な原因は、日差しなのではないかと。

そして、日差しの中でも紫外線によるダメージは意識されがちですし、“黄ぐすみ”の原因の一つとして考えられてもいますが、紫外線対策だけでは不十分だと考えられるようになってきたんです」

35歳以上から要注意!

――では、赤外線を避けるにはどうすれば?

「赤外線をカットするのは、実は結構大変です。紫外線をカットするための商品は様々なものが出ていますが、赤外線はサンスクリーン剤では遮断できませんし、波長特性上、肌の奥まで届くのでそのまま影響を受けてしまうのです。

今のところ、“セリウム”という物質の効果が実証されていますが、商品化されたものはまだありません。もう一つ、水分も赤外線対策には有効です。そのため35歳未満の人は、赤外線の害はそこまで問題ではないんです」

藤本先生

――年齢が関係してくるんですか?

「はい。理由は近赤外線による皮下のコラーゲンやエラスチンの影響です。赤外線をカットするには水分が有効と申しましたが、コラーゲンやエラスチンには保水力がありますから、コラーゲンやエラスチンが豊富な35歳以下の人なら肌に保水力があり、赤外線によるダメージは比較的少ないんです。

でも、コラーゲンやエラスチンが少ない肌は保水力が弱いから、赤外線のダメージを受けやすくなるんです。だから、コラーゲンやエラスチンの生成能力が衰え始めるとされる35歳前後以上の人は、特に意識して赤外線対策をするといいと思います」

――どうすればいいのでしょう?

「まずは赤外線をできるだけ浴びないように心がける…といっても、1年中24時間、太陽光を浴びないでいるのは不可能。なので、日焼け対策を1年中しっかりと行うのがなによりも大事です。

その際には、紫外線カットだけに特化したものよりも日差し全般を遮るものを利用するといいでしょう。また、日焼け対策用のサプリメントを利用するのも効果的です。私も、最近日焼け対策のサプリメントを開発したのですが、サプリを利用する場合には安心できるものを選ぶのが大事です。

また“黄ぐすみ”の原因としては、もう一つ、最近話題になっている“糖化”もあると言われています。糖化というのは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変化した結果、老化物質を生成する反応のことで、老化を進行させたり、様々な病気の原因になると考えられています。

この糖化も“黄ぐすみ”の原因になるので、“黄ぐすみ”予防を考えるなら、日焼け対策にプラスして、糖化対策をするのも有効でしょう。あとは、とにかく保湿でしょうか。1年を通して、保湿を怠らない姿勢でいると、ダメージをより減らすことができると思いますよ」

なるほど。くすまないためには秋からもしっかりと日焼け対策を行うのがとても大事だったのですね。とても参考になりました。先生、ありがとうございました。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【藤本幸弘先生プロフィール】
医師、医学博士、工学博士、薬学博士、MBA、米国レーザー医学会専門医、欧州皮膚科学会認定医。東京四谷の「クリニックF」で院長を務めるだけでなく、国内外での学会に積極的に参加するなど最新医療を常に探求。『聴くだけでスッキリ痛みがとれる!~頭痛や生理痛がみるみる解消~』『痩身を科学する~最新医療機器のすすめ』などの著作のほか、『藤本先生の聴くだけでスッキリ』シリーズではCDも監修。最新刊『美しい人は“枕”を3つ持っている』では、日常から実践できる行動を優しい言葉で丁寧に紹介。美容メディア関係者からも絶大な信頼を集めている。

更年期に、差し掛かる年代の男性が集まるとED(勃起不全)の話題になることも多いようです、そんな席で、自分はもう年だから、とか、もう卒業したよ、」などと妙に言い訳じみた、引退宣言でお茶を濁す人が少なくありません。

でも、60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク