カカオでからだの劣化はとまる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『カカオでからだの劣化はとまる』

チョコレートの原料として馴染み深い「カカオ」。近年はスーパーフードとして注目され、高カカオチョコレートなどコンビニでも置かれるようになり、取り入れやすくなっています。

こんなにすごい!カカオの効果

カカオが老化を防ぐ

◆70%以上の高カカオがからだの劣化をとめる

カカオは、美容やアンチエイジングに効果的な栄養素がたっぷり含まれたスーパーフードです。なかでも注目の成分が「ポリフェノール」。ポリフェノールは年を重ねるごとからだが酸化して「錆びて」いくのをとめてくれる効果があります。赤ワインに豊富に含まれることで有名ですが、例えば86%の高カカオチョコレートには赤ワインの約16.3倍ものポリフェノールが含まれています。おいしくアンチエイジングしたいなら、断然高カカオチョコレート!

◆ココアを毎日飲むと高血圧になりにくい

カカオ豆に含まれるポリフェノールには、血圧を下げる効果があることも、さまざまな実験で証明されています。チョコレートやココアを継続して摂取することで血圧が下がり、特にもともと血圧が高い人ほど効果的だという傾向がみられます。これはカカオに含まれるポリフェノールが血管の詰まりを防ぎ、しなやかにしてくれるからだと考えられています。

◆便秘にはカカオ

女性の大敵、便秘。便秘解消のために、食物繊維を摂るようにしている人も多いのではないでしょうか。ピュアココアにはゴボウの4.2倍、アーモンドチョコにはゴボウの2.2倍の食物繊維が含まれているのです。さらにカカオ豆には、善玉菌のエサとなって腸内のバランスを整えてくれる「カカオプロテイン」という成分も豊富に含まれています。

その他にも美肌効果や血流改善やボケ予防など驚くべき効果がたくさん!

チョコレートだけじゃない!
ピュアココアパウダー&95%カカオチョコのおいしい食べ方

チョコみそ

カカオには、発酵で生まれた味の複雑さや、深い旨みを生かしたおいしい食べ方、使い方がたくさんあります。本書では食事にカカオポリフェノールをおいしく効率的に取り入れる為のピュアココアパウダーや、90%以上の高カカオチョコを使ったレシピを紹介しています。

産地別のカカオ豆の個性を楽しむ
Bean to Bar

チョコレート

カカオ豆そのものの味や香りを、手軽においしく楽しみたいなら「Bean to Bar」スタイルのチョコレートがおすすめ。いまやコンビニでも手に入れることができます。いつものお買い物のついでに取り入れてみませんか?

【著者プロフィール】
井上浩義(いのうえ・ひろよし)
慶應義塾大学医学部教授、医学博士、理学博士。九州大学理学部化学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。平成22年度文学科学大臣表彰科学技術賞、科学コミュニケーション賞2012など受賞多数。2008年度から9年連続、慶應義塾大学医学部ベストティーチャーアワード受賞。日本における油・ナッツ類研究の第一人者。著書に『知識ゼロからの健康オイル』(幻冬舎)、『知らないと危ない 毒の話』(アーク出版)他多数。監修書に『アーモンドミルク 完全レシピ』(世界文化社)他。

カカオで止まる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク