イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イボコロリとは?

 

「イボコロリ」は横山製薬が販売しているイボ治療薬がです。

液体タイプの治療薬が主流ですが、現在はイボを取り除く薬剤(サリチル酸)が配合された絆

創膏タイプも販売されています。

イボコロリの製品に配合されている有効成分「サリチル酸」によってイボやタコが除去できる

のです。

サリチル酸には固くなった皮膚の角質を軟化させる溶解作用があり、薬を患部(イボ・タコ・

ウオノメ)に直接塗布すると、サリチル酸の作用により皮膚角質の軟化が起こり薬剤が浸透し

た患部の下では皮膚を再生しようと細胞分裂をはじめるため、患部を取り除くことが出来るの

です。

イボコロリの使用上の注意(ビックリな使用上の注意)

 

サリチル酸が配合されているため「イボコロリ」(液体・絆創膏タイプ)は医薬品の指定を受

けています。

使用する際には添付されている「使用上の注意」をよく読み、用法・用量を必ず守って下さ

い。

顔や首筋、粘膜のある部位には使用しない!

多発しているイボには使用しない!

アレルギー症状、妊婦、糖尿病患者などは使用する前に医師に相談する!

薬剤が健康な皮膚に付着した場合は、すぐに拭き取る!

参考までに添付書類に明記されている「いぼころりの上手な使い方」について紹介しておきま

す。

薬液はすぐに乾いて白い被膜をはり、薬剤が患部に浸透して行きます。次に塗布するときは、この白い被膜をはがしてから塗ってください。

※ 被膜を取り除くとき、痛む場合は無理に取り除かないで、被膜の上に重ねて塗布してください。

3~4日間塗布を続けた後、被膜と白くなった角質部を痛みを感じない程度に取り除きます。皮ふは再生されますので、清潔にしておいてください。

いぼころりは医師の処方箋なしに購入できる市販薬なので、いぼころりを購入して手や足にできたイボを自分で取り除こうと試みている方も多いかと思われますが、誤った治療を行ってしまうと場合によっては症状を悪化させてしまうケースもあるので、十分な注意が必要です。

イボの種類とは?

イボとは皮膚が盛り上がってできた小さな突起物です。

イボができる原因は(今回は悪性なものは除いています)

〝ウイルス性のイボ〟

〝ウイルス(老化など)以外のイボ〟の2種類に分けられます

ウイルス性のイボ

ヒト乳頭種ウイルス(ヒトパピローマウイルス)が皮膚や粘膜に感染して起こる突起物であ

り、手【右記:写真】や足などに生じた傷口などから皮膚内部へと進入し基底細胞(表皮の一

番奥にある層)にまで感染するとイボを作り出すと考えられています。

そのため、ウイルス性のイボをむやみやたらに触ったり誤った治療を行うと他の部位に感染す

ることもあるようです。

ウイルス性のイボは主に手足にできやすい(尋常性疣贅)といった特徴がみられますが、場合

によっては陰部に感染(尖形コンジローム)したり、顔面に感染するイボ(青年性扁平疣贅)

などがあります。

アクロコルドンのイボ

一方、ウイルス以外にも老化現象などで発生するイボがありますが、老化によってできたイボ

に対しては、「イボコロリ」は効果がないとされているので注意が必要です。

首イボに対する使用は禁止(メーカーの注意書き)されていますが自己責任で行った場合の失

敗例としては、患部(イボ)以外に浸けてしまう失敗が多いようです。イボコロリは、健康な

皮膚につけると赤く腫れて痛くなります、最悪は爛れてしまう恐れも無くはありません。

なれるまでは、少量を患部に慎重につけましょう。

首イボ イボコロリ

年齢と共に30代40代から首イボとよばれるものが出来てきます。

首イボの多くはアクロコルドンとよばれるものになり、首の他には脇のしたや鼠径部など、衣

服などによって摩擦がおきる場所に多く、皮膚の老化が原因だといわれています。

首イボ(アクロコルドン)は老化が主原因の為に、ウイルス性のものと違い心配はいりませ

ん。

稀に、急に大きくなったり、出血をしたり、突如黒くなり、茶色くなる等の急な変化が起きた

場合には悪性腫瘍が原因となるイボである可能性がありますので皮膚科を受診する事が重要で

す。

「イボコロリ」の注意書きにもあるように、このての首イボを除去するためにイボコロリを使

う事は避けなくてはなりません。

アクロコルドンはできる場所は皮膚が薄く柔らかい場所にできるため、イボコロリによる除去

は不向きとメーカーも首から上の皮膚が薄い部分、敏感な部分などには使用を禁止していま

す。

続きの関連記事

イボの種類と特徴 | 老人性からウイルス性まで6種類のイボ

老人性イボの基礎知識 | 20代でも出来る老人性イボ!

スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

アクロコンドルとは?|首のポツポツの正体は?

アクロコンドルとスキンダック | 二つの違いは?

首イボができる原因 | 感染性?非感染性?

首イボ治療方法 |レーザー治療から、漢方、お肌の手入れ

液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

ケミカルピーリングでイボの除去 |エステでの施術は?

首イボ治療の薬 | イボコロリや漢方、杏仁エキス

杏仁オイルで首イボ治療 | アンズでイボが治るの?

イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

シミが出来る6つの原因 | 注意!シミのできる原因をシャットアウト

シミの無い 若々しい肌を取り戻す | 本当に大事な洗顔方法

ターンオーバー |唯一のアンチエイジング最強予防法

首イボの予防 |アンチエイジングでイボ予防

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク