液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

液体窒素

液体窒素でのイボ治療のメリット・デメリット

液体窒素での冷凍凝固法ってどんな治療法?

イボの治療法に病院で受ける、「冷凍凝固法(液体窒素療法)」というのがあります。この治

療法は、マイナス196℃の液体窒素を綿棒に染み込ませイボに押しつけ、イボ(患部)の細胞

を壊死させる事によって治療します。イボ(患部)の中(下)の細胞を活発に新陳代謝させる

ようになり、イボ患部に変わり新しい皮膚が再生され、綺麗な皮膚が出来イボを除去します。

液体窒素での冷凍凝固法は、イボの治療法としては日本で行われている、もっとも一般的な方

法です。

ただメリットだけでなく、デメリットもあるので注意が必要です。

今回は、液体窒素による冷凍凝固法のメリットとデメリットをご紹介します。

液体窒素による冷凍凝固法のメリット

1番のメリットは、液体窒素による冷凍凝固法は健康保険が適用されるとうこと。

イボを除去するには、レーザーによる治療法もありますが、健康保険が適用されず全額自己負

担になる事も多いようです。液体窒素による冷凍凝固法は、健康保険が適用されやすいので、

費用が全額負担とならず治療費を抑えることが出来ます。

また、液体窒素による冷凍凝固法は、簡単な治療法なので、多くの病院で行っており、治療時

間も5分程度と短時間で終わります。

液体窒素による冷凍凝固法のデメリット

最大のデメリット、液体窒素による冷凍凝固法は強い痛みを伴うこと。低温火傷でイボ(患

部)を壊死させるので、赤くなったり水ぶくれや内出血が生じる場合があります。

また、液体窒素を浸し患部に押し付ける綿棒の形に色素沈着を起こすことが多く、顔や首など

のイボの除去には適しません。

更に、1回でイボを取り除く事は難しく、完治させるには、何回も治療のために通院しなくて

はならないというデメリットもあります。

イボの大きさや数など症状によって、全てを取るまでに、3ヶ月~1年ほどかかる場合もあるよ

うです。

一番難しいのはイボが皮膚の奥深くまで入り込んで液体窒素では深い部分まで取り除くのが難

しく、再発するケースもあります。

液体窒素による冷凍凝固法は、何処でも簡単に治療出来る反面、液体窒素特有のさまざまなデ

メリットがあります。

続きの関連記事

イボの種類と特徴 | 老人性からウイルス性まで6種類のイボ

老人性イボの基礎知識 | 20代でも出来る老人性イボ!

スキンダックとは? | 首筋のイボはなんだろう?

アクロコンドルとは?|首のポツポツの正体は?

アクロコンドルとスキンダック | 二つの違いは?

首イボができる原因 | 感染性?非感染性?

首イボ治療方法 |レーザー治療から、漢方、お肌の手入れ

液体窒素でイボ治療 |保険が適用されるが数回の治療

ケミカルピーリングでイボの除去 |エステでの施術は?

首イボ治療の薬 | イボコロリや漢方、杏仁エキス

杏仁オイルで首イボ治療 | アンズでイボが治るの?

イボをレーザーで除去 | 完治率は高いが保険適用外

シミが出来る6つの原因 | 注意!シミのできる原因をシャットアウト

シミの無い 若々しい肌を取り戻す | 本当に大事な洗顔方法

ターンオーバー |唯一のアンチエイジング最強予防法

首イボの予防 |アンチエイジングでイボ予防

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボコロリ注意 |顔や首筋、粘膜の部位には使用してはいけない

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク