勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

水着白黒

スポンサーリンク
スポンサーリンク

勃起不全(ED)の治療方法

勃起不全の治療方法

勃起不全の治療方法は?、症状によっても違いますが色々とある中で、今回は最も一般的な「PDE5阻害薬」を用いた投薬療法を中心にして勃起不全のさまざまな治療法をお話しします。

投薬治療

勃起不全の治療方法として現在もっとも一般的なのは「PDE5阻害薬」という薬です、勃起はペニスの血管が緩んで、拡張して血液が充満することで起こります、このときに血管を拡張させる働きをするのは「サイクリックGMP」という物質ですが、サイクリックGMPは「PDE5」という酵素に分解されやすく消えやすい、性質を持っていますのでPDE5阻害剤は、このPDE5の働きを阻止、することでサイクリックGMPを長持ちさせ勃起を助ける薬です。

日本で現在認可されているPDE5阻害薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」、の3種類があります、これらが使用できる場合(薬が使用できない病気や他の薬などを摂取している場合)は1〜2錠処方して効果を確認して効果があれば治療薬として使用できます。

勃起不全は糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病(成人病)で血管や神経が障害を受けたときに起こりやすい傾向があるため、生活習慣病が発見された場合には、生活習慣病の治療も同時に行う必要があります。

スカート

その他の治療法

PDE5阻害薬は狭心症、心筋梗塞などの治療で使われる、硝酸剤や一部の抗不整脈薬を利用している方は、服用できませんが、これらの薬を利用していたりPDE5阻害薬が効かなかったりした場合には他にも治療法があります。

<心理療法>

心因性の勃起不全にはPDE5阻害薬の服用と、同時に精神安定剤や心理療法を行う場合があります、患者によって方法は、違いますがカウンセリング、精神分析など行い勃起不全の原因となる悩みを取り除いていきます。

<ホルモン療法>

男性ホルモンの減少によるED(勃起不全)の場合には男性ホルモンを補充する注射を行います。

<海綿体注射療法>

上記の方法でも改善できない場合には、陰茎海綿体に血管拡張剤を直接注射する事で強制的に勃起状態を作りだす方法です。しかし日本では、患者が自分で注射をする行為は認可されていないようです。

<陰圧式勃起補助具>

医療器具として、私は見たことはありませんが通販などでは、ペニスを円筒型の容器に挿入してポンプで空気を吸い出して陰茎海綿体に血液を集めて人工的に、勃起を起こさせるという治療法で、その状態で筒を取り除きペニスの根元をリングやバンドを使って締め付けることで、陰茎海綿体内の血液を留めさせ、勃起状態を維持させるようですが、これには注意が必要なようで余りお勧めは出来ません。

手術

<手術による治療>

陰茎の血管に異常がある場合に、行う「血管再建手術」やシリコン製の支柱を直接陰茎に埋め込むことで、勃起状態を作りだす「プロステーシス(シリコン)挿入手術」などがあります。

如何でしたか、私は男性ホルモンの分泌量を増やし成人病を治療する方法が一般的ではないかと思います、その時に精力剤や最悪PDE5阻害薬(バイアグラ・レトビア・シアリス)を併用されるのも良いのではないでしょうか?

関連記事は下からどうぞ。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク