ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

青い下着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

最近、寝る前に水分を多く取っているわけではないのに、トイレに起きる回数が増えたと感じませんか、それは身体が男性ホルモンの減少を訴えているのかも、年齢と共に、またストレスなどで男性ホルモンが減ると、一酸化窒素が十分に供給されなくなりED(勃起不全)になったり頻尿になったりすることが分かっています。

最近、夜中にトイレに行くことが多くなり夜中のトイレの回数が増えた…。

こんな事に思い当たるふしがあれば、要注意ですED(勃起不全)が忍び寄っている兆しかも、夜中に1回以上、トイレに行く日本人男性は50歳以上で過半数で70歳以上になると大半という統計があります、70歳以上では3割の人がトイレのために、3回以上目を覚ましているという結果もあります。

夜中のトイレが増えると、何故ED(勃起不全)の疑いがあるのでしょう、それは夜中のトイレもED(勃起不全)にも男性ホルモンが影響を及ぼしているからです、今回は男性ホルモンとED(勃起不全)との関係についてお話しします。

加齢・ストレスで減少するテストステロン(男性ホルモン)

一般的に男性ホルモンは、男らしさやたくましさをつくる源と考えられています、その中でも最もよく知られているのはテストステロンというホルモンです。

テストステロンは男性ホルモンという通りに筋肉の増強や、精神活動の活性化に強く働きかけ、酸化ストレスの抑制や一酸化窒素(NO)の供給などにも作用します。

男性ホルモンは一般的に加齢やストレスなどで減少し減少すれば前述の働きが弱くなるので筋力は弱まり不安やいらいら疲労感が続く事になり集中力や記憶力が低下してきます。

更にNOの供給量が減る事でED(勃起不全)になりやすくなります、NO(一酸化窒素)は血管の健康を保つのに、不可欠でED(勃起不全)は陰茎周りの血管の障害による病気、NO(一酸化窒素)が供給されにくくなるとED(勃起不全)の進行を早める恐れがあると考えられています。

勃起の始まりと維持に欠かせないNO(一酸化窒素)

それでは何故NO(一酸化窒素)が減るとED(勃起不全)になるリスクが高まるのでしょうか。

テストステロンの値が、一定の状態にある健康な男性の場合にNO(一酸化窒素)は性的な刺激を受けることで神経から出てきます、これを神経性のNO(一酸化窒素)と呼びます。

NO(一酸化窒素)は筋肉や血管に作用して、サイクリックGMPという物質を作り、この物質の働きで、広がった血管に血液が流れ込みます、こうする事で勃起が起こると同時に血管の内側の内皮細胞からも内皮性NO(一酸化窒素)が大量に出る事で性交の持続を助けます。

このようにNO(一酸化窒素)は複雑なメカニズムで起こる、勃起の始まりとそれを保つ場面で重要な役割を果すので、NOが減少すると勃起しにくくなると考えられているのです。

暗闇の美女

夜中のトイレはNO不足の警告?

強い酸化ストレスで、男性ホルモンが十分にNO(一酸化窒素)を供給できなくなると頻尿を招くことも!

テストステロン(男性ホルモン)の減少が引き起こすNO(一酸化窒素)供給量の低下が、招くリスクはED(勃起不全)ばかりではありません、その代表が深刻な頻尿で寝る前に水分を取り過ぎれば、健康な人でも夜中にトイレに起きることはあります。

しかし男性ホルモンの低下がもたらす症状は、メカニズムが違い、例えばNO(一酸化窒素)が少なくなると、膀胱が硬くなり尿をたくさん貯められなくなるために頻尿症状を招き、強い酸化ストレスでNO(一酸化窒素)が減ることで頻尿になる場合もありますので夜中のトイレが増えるのはNO不足の警告ともいえるのです。

一見関係がなさそうな頻尿とED(一酸化窒素)とには(テストステロン・男性ホルモンの低下による)NO(一酸化窒素)不足という共通原因があるのです。

NOの減少は、様々な生活習慣病、うつ病、記憶力の低下などを引き起こす可能性があり、これらの多くは、血管の老化によるものですのでNO(一酸化窒素)を増やして血管を健康に保つことが全身の健康を維持する上でも大切であるといえるのです。

ED(勃起不全)改善以外にもED治療薬の可能性

ED(勃起不全)を招くのは、NO(一酸化窒素)不足だけではなく、勃起の維持に欠かせないサイクリックGMPを分解するPDE5という、酵素の存在で、このPDE5(酵素)の働きを阻むのがシアリスやバイアグラ、レビトラなどのED(勃起不全)治療薬です。

最近の研究からED(勃起不全)治療薬は勃起機能の改善だけはでなく血管の新陳代謝を高める働きがある事が分かってきました、その効果で血管細胞がNO(一酸化窒素)を出す機能も高まることが、知られていてNO(一酸化窒素)が増えればサイクリックGMPも多く生まれるので好都合です。

ED(勃起不全)治療薬を定期的に服用する事で活性酸素による、サビを減らす一方でテストステロン(男性ホルモン)値を上げることも分かり勃起は、性行為のためだけでなく全身的な健康を確かめるバロメーターの役割を果たしているともいえるでしょう。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク