年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

中年男性

年齢と共にED(勃起不全)が増える!

加齢とともにED(勃起不全)になる方が増えるのはなぜなのでしょう。

みなさん、歳をとると「ED(勃起不全)になるのは自然の流れで仕方がない」と思われがちで

すが、それでよいのでしょうか?

今回はED(勃起不全)と年齢についてお話しします。

年と共に誰でもだんだんとED(勃起不全)になるの?

EDと思われる患者数は、全国に1130万人、40代の20%、50代の40%、60代の60%がED

(勃起不全)と言われています。

なぜ、年齢を重ねるほど勃起不全の罹患率が増えるのか、それは加齢による身体の衰えと運動

不足による筋肉の衰え、さらに生活習慣病の糖尿病や高血圧、高脂血症などが深く影響してい

ます。

なぜかと言うと、運動不足や生活習慣病は、EDの原因の一つである動脈硬化につながるからで

す。

なぜ動脈硬化がEDの原因かと言うと勃起は、ペニスに流入した血液が、陰茎海綿体の静脈洞に

流れ込み血液がうっ血して起こるのです、動脈硬化になると血流が悪くなり勃起が起きにくく

なります。

また、加齢とともに筋肉量が落ち男性ホルモン「テストステロン」の分泌が少なくなり、勃起

の際に血管を拡張させる「一酸化窒素」が減る事も、勃起不全を招く要因になります。

高齢者こそED治療を!

シニア男性は、ED(勃起不全)になると「歳だからなぁ~」と諦めてしまう人が多いようで

す。

しかし、EDは生活習慣をただす事でも改善が可能です、

1.禁煙をする事、

喫煙は血管を収縮させて血流を悪くします。

禁煙をする事で高血圧も改善され血管が傷つくのを防げます。

2.運動をする事

運動をする事で男性ホルモン「テストステロン」が分泌され血管を拡張させます。

高血圧や糖尿病を改善して血流を良くします。

ビーチバレー

3.病院で医師の指導によりED治療薬を服用する。

これば高齢者でも十分に効果が期待できます。

バイアグラなどのED治療薬は、「PDE5阻害薬」と言い、「PDE5」という勃起の際にペニス

に血液が流入するのを邪魔する酵素を阻害する薬です。

「PDE5阻害薬」は勃起を正常化させることだけではなく、血管を拡張させて血流を改善した

り、血管の健康を保ったりする一酸化窒素そのものを増やす働きもあるため、PDE5阻害薬を

利用することは、他の生活習慣病の改善にもつながります。

年齢に関係なく、健康的に勃起ができるのは、男性にとって大きな自信になります。

歳だからと諦めてしまう事こそが、アンチエイジングにとって最も避けなくてはならない事な

のです。

続きの関連記事

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

増大成功の方程式【グラトリン】| なんと、その有効成分19種類!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク