運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

筋肉

ED(勃起不全)の自分で出来る治療方法

男性ホルモンの「テストステロン」は、勃起するためには欠かせない男性ホルモンなのです

が、年齢ややストレスによって減少していきます。

テストステロンを減らさずに増やすための生活習慣や食習慣についておはなししたいと思いま

す。

テストステロンとは?

男性ホルモンは、男性特有の身体つきや思考回路に発育させる各種ステロイドホルモンの総称

です、そのなかでも、テストステロンは、もっとも分泌量が多く強い作用を持っています。

テストステロンには、他の男性ホルモン以上に筋肉の増強、体毛の増加、冒険心・縄張り意

識・競争心を強める働きがありますが、最も重要な作用が、「一酸化窒素」を供給し血管を健

全に保つようにさせることです。

素敵な女性を見て起きる性的興奮を脳からペニスに伝へると、陰茎海綿体の動脈が拡がって血

液が流れ込みます。これによりペニスに血液が充満して勃起が起こるのですが、このときに血

管を拡張しているのも一酸化窒素の働きです。そのため、テストステロンが減少すると一酸化

窒素も減り、勃起不全になりやすくなるのです。

その大事なテストステロンの分泌量のピークは20代前半で、年齢と共に減少していきます。悪

いことに、中年になるとストレスが多くなりストレスがテストステロンの減少に拍車をかけて

しまいます。

ここで重要なのは、加齢とともに分泌が少なくなりストレスと共にさらに少なくなるテストス

テロンの減少で勃起不全を起こしやすくなるため、生活習慣や食生活を見直し、テストステロ

ンを増やすように心がけることです。

テストステロンを増やす為には?

筋肉を付ける(運動する)

筋肉の質と量が必要です、運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高まるので筋肉

が多ければその分分泌が増えます。水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動や筋ト

レなどと簡単な筋肉トレーニングも有効ですが、仕事が忙しく時間がない人は積極的に階段を

使う、電車の中でつま先立ちをするなど、生活の中で体を動かす習慣をつけましょう。

これは成人病予防にもつながり相乗効果が得られます。

ビーチバレー2

良質な睡眠が重要

22:00~2:00までの睡眠のゴールデンタイムにテストステロンは多く作られます。質

の良い睡眠をしっかりとることは、疲労やストレスの解消、さらに成人病予防にもつながり、

テストステロン値を高めるのに有効です。

お酒は控えめに

アルコールの取り過ぎはテストステロン値を下げてしまうので飲み過ぎには注意が必要です。

また テストステロン値を高めるには、筋肉の元となる良質なタンパク質をとり、玉ねぎなどの

ネギ類に含まれる含硫アミノ酸にもテストステロンの生成する働きがあるので、日頃から摂る

ように心がける事が必要です。

ストレスの解消を

趣味でもスポーツでも、また親しい友達との会話でも構いませんので、気持ちを落ち着かせス

トレスの解消を。

気持ちが解放されたり達成感を得られたりすると、テストステロン値が高まります。

続きの関連記事

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

増大成功の方程式【グラトリン】| なんと、その有効成分19種類!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク