ED(勃起不全)アンチエイジング股間編 |「今はただ、小便だけの、道具かな」

中年

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンチエイジング股間編?

バリバリの現役世代」なのに性生活から遠ざかる人が多くいる中で、老いて増々盛んな高齢者も少なくありません、加齢はED(勃起不全)の、危険因子とされていますが必ずしも、年齢だけで割り切れる、ものではないことが分かります、だとするとその差はどこにあるのでしょうか、股間のアンチエイジングについて考えてみましょう。

「今はただ、小便だけの、道具かな」

夜の生活の現役を退いた、陰茎の悲哀を詠んだ一句で、個人差があるので一概には言えませんが40歳を過ぎたころから、性生活の衰えを感じる人が多くなります。

若い頃に比べ性交回数が減った勃起の持続時間が短くなった勃起の勢いがなくなった等、忍び寄るED(勃起不全)を予感させる事が増えてきます。

加齢は確かにED(勃起不全)の危険因子のひとつですが誰もがED(勃起不全)になるわけではありません、実際には元気に現役を務めている高齢者もいます、それでは股間を若々しく保つためには、どんなことを心がければよいのでしょうか。

陰茎は年齢と共に短くなる?

勃起前の通常の陰茎の長さは、年を重ねると短くなるというデータも

東邦大学白井將文名誉教授の調査では20~70代の成人男性100人を、対象に計測した平常時の陰茎の長さがあります。

20代=8.68cm

30代=8.39cm

40代=8.22cm

50代=8.30cm

60代=7.76cm

70代=7.61cm

との報告です、あくまでも平均値ですが70代は20代に比べて、1.07cmも短くなっているということが明らかになったのです。

加齢は陰茎の長さばかりでなく勃起時の、硬さや角度にも影響その原因は動脈硬化です、動脈硬化が、陰茎動脈に起きると海綿体に十分な血液が流れ込まないので硬さも傾きも不十分になるのです。

硬さや、傾きの変化で分かる、勃起力の変化は男性にしか実感できない加齢現象で、これを裏付けるように加齢とともにED(勃起不全)にかかる率が高まることを指摘している日本の調査結果もあります。

EDは陰茎の動脈硬化が引き金に

加齢によるED(勃起不全)の原因は生理的なものばかりでなく加齢に伴って増える、様々な危険因子があります。

代表的なものが高血圧や糖尿病、脂質異常症などで、これらは全て血管内皮から分泌される一酸化窒素(NO)が減り動脈が硬化することによって起こります。

NO(一酸化窒素)の減少で起こる、動脈硬化が心臓周りで起これば、心筋梗塞を引き起こし脳で起これば、脳梗塞を招きます陰茎の動脈は心臓や脳の周りの動脈に比べてはるかに細く動脈硬化の影響がまず最初に現れます。

EDは陰茎の動脈硬化がもたらす、生活習慣病であるともいえ逆にED(勃起不全)の症状はその後に起こるかもしれない、重大な梗塞を知らせるばかりでなくNO(勃起不全)の状態や血管の健康度を示す手がかりとなります。

後姿

アンチエイジングの早道はNO(一酸化窒素)を増やすこと

中年男性のアンチエイジングは血管を健康に保つことです。

色々見てみると様々な生活習慣病として現れる、不調の多くは血管の老化で起きていることが分かります、なので動脈硬化を招かないようにNO(一酸化窒素)を増やせばよいのです。

NO(一酸化窒素)が増えれば血管の機能が高まり、血管が健康を取り戻せば動脈硬化に起因様々な病気の改善を促します。

もちろん血管の状態を改善すればED(勃起不全)も改善されるはずでそう考えると男性にとってのアンチエイジングの重要な点は血管を健康に保つことに尽きるのです。

健康な血管づくりと並んで健全な勃起に、関わっているのは副交感神経で、この神経はリラックスした状態のときに活発になり、一方の交感神経が活発になったときの緊張状態がストレスです。

ストレスを溜めないようにするにはスポーツ、温泉、エクササイズ、映画鑑賞などで積極的に緊張状態をほぐすことが大切です。

ED治療薬にはNOを増やす働きも

NO(一酸化窒素)には血管の機能を高める他に、筋肉や血管に働きかけてサイクリックGMPという物質をつくります、勃起はこの物質が血管を緩め多くの血液が流れ込むことで起こります。

バイアグラやシアリス、レビトラなどのED(勃起不全)治療薬にはサイクリックGMPの、働きを高めて正常な勃起を助け更に近年の研究ではNO(一酸化窒素)そのものを増やす働きのあることも分かってきました。

股間の若々しさ(アンチエイジング)を保つために規則正しい毎日を送り生活習慣病にならないように、努めることが大切で併せて適度な運動などをして、余計なストレスをため込まず血管の健康に気をつけることが肝心です。

生活習慣病、ED(勃起不全)、シワ、シミなどは、ばらばらではなく各々が密接に関わっています生涯現役を目指して生活習慣を改める事でアンチエイジングの成功に繋がります。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を初めては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

ED(勃起不全) |股間で事件は起きている!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク