「 首イボ治療 」一覧

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

ウイルス性イボはイソジンで治るか?

ウイルス性のイボは「イソジン」で治るのか?だが。結論から言うと治るようだ、しかも1ヶ月も要らずにほとんど綺麗に。ようだと云うのは私が個人的に試したわけではなくネットの中で体験談があったので、「ようだ」と書かせて頂きました。これはうがい薬(旧イソジン)に配合されている有効成分〝ポビドンヨード〟にあるようです。ポビドンヨードには強い殺菌作用が含まれ、微生物やウイルスを死滅させる効果があることから、ウイルス性のイボを退治すると考えられているようです。

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

イボは本当に消しゴムで治せるのか?

ある程度強く固定する強く固定しないようにと云うサイトと、強く固定してイボを圧迫する必要があると云うサイトと色々ですが、基本的には圧迫することで壊死させるイメージだと思うので、ある程度は強く圧迫する必要はあると思います。

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

イボの治療に効くサリチル酸とは? |ウィルス性は注意!

イボは削ってはいけない、アクロコルドンの説明ではウィルス性ではないとお話ししましたが、イボには、ヒトパピローマウイルスに感染することでできる腫瘍もあります。なので自然治癒する場合もありますが、数が多かったり、イボが大きくなっている場合には、ウイルス生のイボかもしれませんので注意が必要です。アクロコンドル等の老化が原因のイボとは治療方法が違いサリチル酸系の薬を使う必要があります。間違った治療方法や削ったりするとイボの中のウイルスが撒き散らされ、イボが大きくなったり、数が増えてしまう原因になります。イボができてしまったら直接触らず、薬で治していきましょう。また、他人にウイルスを移してしまう危険性もありますので、酷い時には皮膚科での治療が必要です。

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

紫雲膏はイボ治療に有効なのか? | 主成分のシコニン

科学的な裏付けのない民間療法としてですが、昔から愛されている塗り薬です。抗炎症作用、肉芽促進作用、抗菌作用、抗腫瘍作用などが報告されています、これは主成分のシコニンが有効成分だと考えられており、これらの作用により、ひび・あかぎれ・しもやけ・イボ・魚の目・あせも・ただれ・外傷・火傷・かぶれ・痔などに効果があるとされています。ただ、シコニン自体の薬理作用の研究は十分行われておらず、これらの皮膚病になぜ効くのかわかっていないのが現状です。

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

木酢液はイボ治療に有効? | 園芸用の木酢液?

木酢液と言えば、動物避(特に猫)けや害虫駆除といった使い方が思い出されました、また燻製では液体燻製という方法で、木酢液から作られる燻液(スモークフレーバー)が使われているようです。木酢液は、木材を木炭にする時に出てくる副産物で、赤褐色〜茶褐色の液体です。酢酸などの木材から出る有機酸や、アルコール類が含まれており、かつては酢酸やアルコールを製造するのに使われていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク