「 ED(勃起不全)とは? 」一覧

ED(勃起不全)治療 |考えておきたい「高齢者の性」

ED(勃起不全)治療 |考えておきたい「高齢者の性」

調査から年齢を重ねるにつれて性行動が、ごぶさたになることが読み取れますが体力低下や健康上の理由など加齢による影響と考えることもできるでしょう。でも生涯現役を生きがいにパートナーとの豊かな性生活をエンジョイしている高齢者も少なくありません、実際に調査の最高年齢層である、75~79歳では男性の11%女性の17%が「月2~3回性交する」と回答しています。

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ひょっとしたら自分はED(勃起不全)ではないかと疑う多くの人が性交の途中で萎えてしまう中折れを経験しています一度中折れしてしまうと自分だけで回復させるのは困難です。ED(勃起不全)は多くは悩みごとや緊張など、精神的な原因によります、しかし精神的な理由がなく陰茎の海綿体が十分な血液で満たされ硬さが保たれているのであれば中折れは起きにくいはずです。

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

更に驚いたのはソープ嬢は、テクニックがあるから勃起するんだと、思っていたのですが、彼女と、するときもちゃんと勃つようになりました!特定の相手でないと、勃起しない或いは特定の相手以外なら、勃起するというのは心因性EDです、ただ、この方で驚いたのは72歳という年齢ですね。

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

糖尿病性 ED(勃起不全) かどうかは血糖値が、管理出来ているかの指標となる、ヘモグロビンHbA1cの数値、糖尿病になってからの期間、などから動脈硬化の進行度合いを推定し判断します、しかし糖尿病と、ED(勃起不全) の合併率が非常に高いことが、分かっていますので中折れや十分硬くならないなど、自覚症状がある場合には糖尿病とED(勃起不全)が併発していると考えます。

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

そのような理由から、肉体の老化が表れ始める40代になった時には男性はSEXをこれまで以上に行うべきです、SEXに際してペニスが勃起すれば血行を促進する事になり勃起すること自体がED(勃起不全)への対策にさらに性生活の満足度UPはもちろんSEXができることで、もたらされる自信は、あらゆる方向に好影響を与えます、そしてSEXは実は健康に良いことが近年の科学的研究で明らかになりつつあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク