BLANCHEUR(ブランシュール)|含まれる12の美容成分

BLANCHEUR(ブランシュール)には12の有効な美容成分が含まれています。

BLANCHEUR(ブランシュール)に含まれる選された12種類

グリチルレチン酸

グリチルリチン酸は甘草(カンゾウ)などに含まれる成分で皮膚の炎症などを抑えます、

育毛剤に使われることが多いのですが育毛効果はありません漢方薬として知られています。

プラセンタ

プラセンタについては「艶つや習慣」のこちらで詳しく説明しています。

米ぬかエキス

米ぬかにはフェルラ酸が多く含まれ、抗酸化剤や変色防止剤として使われています、また多く

のオイルやガンマオリザノールという成分が含まれ、UVカットや美白性を持ち保湿効果も高い

種類もあるため化粧品に使われています。

コラーゲン

コラーゲンについては「艶つや習慣」のこちらで詳しく説明しています。

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸は、酵素を使いヒアルロン酸を加水分解します、分子量が1万分以下と

超低分子で、粘性が低いです。超低分子なので、お肌の表面に水分を含んだ膜を作り、なおか

つ角層に浸透し水分を保持します。

スーパーヒアルロン酸

スーパーヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の一部を肌に吸着する物質と置き換えて作られていま

す。分子量は1万~10万程度なので、さらっとしています。多くの水分を保持し、肌表面に膜

ができ、角層への水分補給と水分蒸散防止を行ってくれます。

トレハロース

トレハロースは、動植物の細胞内にも存在する天然の糖質で、食品添加物として様々な食品に

使用されています、その用途の広さ・性能のすばらしさから夢の糖質と呼ばれていますが、そ

の保湿性から、天然の保湿剤として化粧品としても使われています。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは美白効果や抗酸化作用に優れた成分ですが、ビタミンC自体がもろく、壊れやすく

不安定なため、そのまま化粧品に配合した場合にはビタミンCの効果期待できないという欠点

がありました。

優れたビタミンCの効果を発揮させるために科学的に改良し、安定化させたのがビタミンC誘導

体です。

ビタミンCを直接皮膚に塗ると、ビタミンCは壊れやすいため、あまり皮膚への浸透が見込めま

せん、そこでビタミンC誘導体にすることによって、皮膚への浸透性を高め、皮膚に浸透して

からビタミンCに変り、ビタミンC本来の美肌効果が期待できるのです。

カモミールエキス

カモミールに含まれる、カマズレンやビサボロールなどの成分には、抗炎症作用、抗アレル

ギー作用があり、肌荒れやニキビなどお肌の炎症に効果があります。

シミの原因となるメラニン色素の生成するさいにメラニン色素の原因となる エンドセリンの働

きを抑制するため美白効果があります

ヒメフロエキスが紫外線による、皮膚へのダメージを守るためにシミやシワを防ぎます。

BLANCHEUR(ブランシュール)12の美容成分による効果

①クリアな透明肌へ・・・

・プラセンタ―アミノ酸、ミネラル、ビタミンB群を豊富に含有。メラニン生成を抑制。

活性酸素除去。

・ビタミンC誘導体―速効性、浸透性、皮膚吸収性の高いビタミンC。

・カモミールエキス―高い美白効果。高い安全性から敏感肌に最適。

②つるつるすべすべ肌へ・・・

・コラーゲン―水分を抱える能力に優れ、肌表面から角質層まで潤し、ツヤを与える。

・加水分解ヒアルロン酸―超低分子。浸透力が高く「真の潤い」を与える。

・スーパーヒアルロン酸―通常の2倍の保水力。水分補給と水分蒸発防止を同時に行う。

・ヒアルロン酸Na-乾燥肌に有効。水分量を維持。セラミドと同時使用で相乗効果。

・セラミド―美肌の救世主。肌のキメを整え、シワを抑制し減少させる。

・トレハロース―驚異的な保湿力。乾燥した状況でもしっかり保水。肌細胞を保護。

③トラブル知らずの肌へ・・・

・グリチルレチン酸―漢方の原料として知られる甘草の根に含まれる成分。

優れた殺菌作用や抗アレルギ―作用がある。

④若々しい肌へ・・・

・ヒメフウロエキス―国際学会で研究結果が発表された新美肌成分。

シワ、シミを改善。さらには、肌の弾力・ハリを向上させるアンチエイジング作用。

BLANCHEUR(ブランシュール)にはこだわりの12の美容成分が配合されています、首ニキ

ビやシミ、ガサツキなど、お肌の調子が?と思ったらいますすぐBLANCHEUR(ブランシュー

ル)を試してみませんか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク