精力剤に含まれる成分 |L-バリン&L-ロイシンの効果とは?

肌

スポンサーリンク
スポンサーリンク

L-バリン

バリンの効果

バリンは体内で合成することができない必須アミノ酸の一つで、ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸でBCAA(分岐鎖アミノ酸)と言われています。

バリンは筋肉の強化に効果的なアミノ酸で他にも、体の成長を促進する働きや血液の窒素バランスを調整する効果、アンモニアの代謝を改善する効果や肌のハリを保つ効果などの効果を持っています。

さらにバリンは食欲不振の改善効果があるといわれていて、医薬品として総合アミノ酸製剤に含まれているほどで、その他にも低たんぱく質血症、低栄養状態、手術前後のアミノ酸補給のために静脈注射や点滴などにも利用されています。

バリンの効果

筋肉を修復する効果

運動の後に傷ついた筋肉を修復するのに効果的です、また筋肉で消費されるエネルギー源でもあり多くのアミノ酸は、肝臓で分解されてエネルギーに変換されますが、バリンはグリコーゲンや遊離アミノ酸が減少した時に筋肉で消費されるエネルギー源です。

肝硬変を改善する効果

バリンを含む3つのアミノ酸(BCAA)は、肝硬変患者の症状を改善する効果があります。

美肌

美肌効果

バリンは、エラスチンを構成することで肌のハリを保つ効果がありエラスチンは、肌を内側から支えてハリを保つために欠かせない成分です。

80%~90%をバリンを含む5種類のアミノ酸が占めていますが、バリンは身体の中で合成されないので食事などで摂取しなければなりません。

バリンを含む食材としては

・レバー

・子牛肉

・プロセスチーズ

・落花生

・サプリメント

L-ロイシン

<L-ロイシン>

人の悩みは色々あると思いますが、特に男性の悩みの中で最も多いのが精力に関わる悩みと言われています。EDや男性自身のサイズなど様々な悩みを3人に1人は持っているそうです。しかし、そんな精力の悩みも生活習慣や食生活を改善する事で自信を取り戻せる可能性があります。

裸

下記では、そんな精力を向上させるとして期待が持てる成分「L-ロイシン」についてご紹介します。

精力剤には色々な成分が配合されていて、その中の1つがL-ロイシンです。

L-ロイシンは必須アミノ酸の1つでBCAAと呼ばれる分岐鎖アミノ酸です。

L-ロイシンは筋肉を構成しているタンパク質として人間の体にも多く存在、筋肉を維持するためにも毎日の摂取が望ましいとされていいて精力UPに限らず人間にとって非常に重要な成分なのです。

L-ロイシンは、肉をはじめとする牛乳といった乳製品などの動物性食品にも豊富に含まれているので普段の食事だけでもある程度の量は摂取できますが、必要とされる摂取量が多いこともあって、ED改善や精力UPを目指すのであれば、食生活だけでなくサプリなどで積極的に摂取するよう心がけることがポイントです。

男女2

L-ロイシンの精力効果

精力剤としては、どのような効果が期待できるのでしょうか。

L-ロイシンには、疲労回復効果や肝機能の改善といった効果が期待できます、どちらもあまり精力とは関係ないように思えるかもしれませんが、これが非常に重要密接な関係があります。

それは肝機能が衰えれば体は疲労しやすくなり、体が疲れた状態で精力的に元気な状態を保てるかと言われれば難しいからです、そのためL-ロイシンを摂取、肝機能を改善し疲労しにくい体を作り疲労回復によって溜まった疲れを効率よく取り除くことが基本でなのです。

ここで紹介する、精力剤にはL-バリン&L-ロイシンを含めて多くの身体そのものを改善する有効栄養素が含まれており性生活にお悩みの方は試されるのも良いのではないでしょうか。

続きの関連記事

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

リザベリン |驚きの有効成分100種の中身は?

リザベリン |【イエロータブレット・L-オルニチン塩酸塩】

リザベリン |【イエロータブレット・L-トリプトファン,リジン】

リザベリン |【イエロータブレット・L-アスパラギン】

リザベリン |【イエロータブレット・N-アセチルグルコサミン】

リザベリン |【イエロータブレット・キトサン】

リザベリン |【イエロータブレット・コンドロイチン硫酸Na】

リザベリン |【イエロータブレット・燕の巣抽出物】

リザベリン |【イエロータブレット・甘草(かんぞう】

リザベリン |【イエロータブレット・DNA鮭白子抽出物】

リザベリン |【イエロータブレット・ホップ】

リザベリン |【イエロータブレット・クロム酵母】

リザベリン |【イエロータブレット・L-アルギニン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク