リザベリン |【イエロータブレット・N-アセチルグルコサミン】

肌1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

N-アセチルグルコサミン

TVのコマーシャルなどで、よく知られている「グルコサミン」とよく似た名前の「N-アセチルグルコサミン」というのがあります。

この二つの成分にはどんな違いがあるのでしょうか。

「N-アセチルグルコサミン」と「グルコサミン」の違い

N-アセチルグルコサミンはアミノ酸の一種で、天然型グルコサミンと呼ばれる単糖類アミノ糖のひとつで、分子構造の違いから一般的なグルコサミンと区別されています。

人間の身体にもN-アセチルグルコサミンは存在しいて関節部分の軟骨や皮膚、目などに多くあります。

N-アセチルグルコサミンを多く含む食品はグルコサミンと同じようにカニやエビなどに多く含まれます。

「キチン」というカニの甲羅(こうら)やエビの殻などに含まれている成分を酵素分解させることでつくられます、牛乳の中にも100mlあたり11mgのN-アセチルグルコサミンが含まれています。

グルコサミンは摂取後、身体の中でN-アセチルグルコサミンに変換されます、最初からN-アセチルグルコサミンそのものを摂取することで効率よく利用できると考えられています。

また、N-アセチルグルコサミンは腸で吸収されて、各組織に吸収される割合がグルコサミンを上回っていることも研究から分かっています。

膝

N-アセチルグルコサミンの効果

N-アセチルグルコサミンはグルコサミンと同様に関節痛緩和に役立つ働きがあり、さらに肌のうるおいを保つ効果も期待できます。

コンドロイチンの生成を促す

コンドロイチンは関節、軟骨を構成している成分のひとつで、N-アセチルグルコサミンは、このコンドロイチンの生成を促進させます。

加齢によって体の中で低下するコンドロイチンの生成を促して関節を滑らかに動かすのに欠かせない関節液の生成、また摩擦から骨を守る軟骨の修復します。

変形性膝関節症の患者に1,000mgのN-アセチルグルコサミンを8週間、毎日摂取させた臨床実験では、痛みや階段昇降動作の改善が見られた結果があります。

ヒアルロン酸の生成を促す

N-アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の基にもなる成分で、加齢によるヒアルロン酸の減少が肌老化に繋がるためヒアルロン酸の生成を促す、N-アセチルグルコサミンを摂取することで肌の潤いを保ちます。

ある報告では乾燥肌に悩む女性に1,000mgのN-アセチルグルコサミンを毎日摂取してもらった結果、乾燥肌が改善したという発表もあります。

ヒアルロン酸には関節の動きをスムーズにする働きも担っていて不足すると潤滑機能が弱くなり関節痛を引き起こしやすくなります。

ヌード2関連記事

リザベリン 増大サプリ | 週刊現代で人気の秘密が明らかに!

リザベリン |驚きの有効成分100種の中身は?

リザベリン |【イエロータブレット・L-オルニチン塩酸塩】

リザベリン |【イエロータブレット・L-トリプトファン,リジン】

リザベリン |【イエロータブレット・L-アスパラギン】

リザベリン |【イエロータブレット・キトサン】

リザベリン |【イエロータブレット・コンドロイチン硫酸Na】

リザベリン |【イエロータブレット・燕の巣抽出物】

リザベリン |【イエロータブレット・甘草(かんぞう】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク