朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

男女

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝立ちの役割は?朝立ちは健康維持に必要って本当?

若い内は朝立ちは恥ずかしいことだと思っている人もいますが、年齢と共に自慢になってきます、しかし、これは生理現象であるため恥ずかしいことではありません、それどころか朝立ちはペニスの健康維持に必要なものなので自慢しても良いかもしれません。

朝立ちは恥ずかしくない

朝立ちしていることを知られると、恥ずかしいという方もいますが、朝立ちは性的興奮や自意識とは関係なく起こる生理現象なので、まったく恥ずかしいことではありません。それどころか、朝立ちは男性にとってとても重要な役割を担っています。

長期間に及び、性行為もマスターベーションもせず、朝立ちも起こらないという男性がいたとしたら、見方によってはストイックな人格者のように感じるかもしれません。しかし、全く勃起しない状態が続くのは、身体にとってはあまり良いことではないのです。

なぜなら、長い間勃起しない状態が続くと、ペニスの血管や海綿体は柔軟性を失い、血流も悪くなるためです。また、酸素不足により細胞組織も老化してしまいます。朝立ちは、ペニスをそういった危機から守るための、いわば自動防御システムのようなものと言えます。

水着19

朝立ちの役割はED(勃起不全)解消!

一般的に起床時の勃起現象を、「朝立ち」と呼びますが正式名称は、「夜間陰茎勃起現象」といいます、朝立つのに、「夜間」と聞くと妙な感じがしますが実は勃起現象は、睡眠中に何度も繰り返されているのです。

睡眠中には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という性質が異なる、2種類の眠りが交互にくりかえされます、レム睡眠とは身体は休んでいても、脳は活発に働いている浅い眠りのことを、指します、それに対してノンレム睡眠は身体も脳も休んでいる深い眠りを指します。

レム睡眠と、ノンレム睡眠を1セットと考えた時その長さは、大体90分くらいで一晩にこのセットが一定のリズムで、約4~5回繰り返されます、そして勃起現象は、眠りの浅いレム睡眠時に起こります、そのために目覚めるときがレム睡眠時であると朝立ちと呼ばれる現象が起こるわけです。

健康な男性の場合は睡眠時の勃起現象は、一晩におよそ4~8回程度あり時間にすると、全睡眠時間の20~40%になります寝ている間、に何度も勃起をくりかえすことでペニスの海綿体には、新鮮な血液が送られ血管や海綿体の柔軟性も保たれます、つまり朝立ちはペニスの健康維持のためには、必要なものというわけです。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!  

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク