ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

白い水着

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝立ちしない理由

毎朝、朝立ちがないと不安になるという、男性もいるかもしれませんが朝立ちしないからといって、ED(勃起不全)や他の病気があるとは限りません。

朝立ちがなくても、問題ないケースと睡眠中に勃起しているかを自分で確認する方法についてお話しします。

朝立ちは毎日ないとダメ?

朝立ちが毎朝ないと「身体に何か異常があるのかもしれない」と不安を感じる男性もいるかと思われますが、そんなに難しく神経質になる事はありません。

朝に目が覚めたときにペニスが勃起していることを、「朝立ち」と言いますが実は睡眠中の勃起は寝ている間に、何度も繰り返されています、これは「夜間陰茎勃起現象」という、生理現象で定期的に勃起をして、ペニスの海綿体内に新鮮な血液を、送り込むことで正常な勃起力を維持する、メンテナンスのような意味があると考えられています。

しかし夜間陰茎勃起現象は健康な人でも、全睡眠時間中の20~40%くらいしか、起こりません、なので確率で言うと朝立ちは、平均的に3~5日に一度くらいしか、見られないものと言えるのです。

また寝ている間には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という、2種類の眠りが交互に繰り返され、勃起が起こるのは眠りが浅い、レム睡眠時だけで目が覚めるのは、眠りが浅い時が多いため睡眠中の勃起が、そのまま維持されていれば朝立ちになります。

ただ目覚めるより前に、勃起が終わっていたり眠りの深い、ノンレム睡眠時に目覚めたりした場合は朝立ちが見られません、なのでたとえ朝立ちが、毎朝なくても睡眠中に勃起している可能性は十分にあるのです。

女性の足

朝立ちしない原因

夜間陰茎勃起現象(朝立ち)を減少させる要因についてお話しします。

また朝立ちがなくても、睡眠中に勃起している可能性があるので朝立ちを、確認するセルフチェック方法もご紹介します。

夜間陰茎勃起現象(朝立ち)を減少させる要因

夜間陰茎勃起現象は、生理現象なので男性なら誰にでも起こるものです。

なので逆にその回数が減少した、場合は身体のどこかに異常がある可能性があります、夜間陰茎勃起現象を減少させる主な原因についてお話しします。

男性ホルモン(テストステロン)の低下

男性ホルモン、「テストステロン」には血管を拡張して血流をよくする「一酸化窒素」を供給する作用があります、テストステロンの分泌量が減ると血管の拡張が不十分になり勃起するのに十分な血液がペニスの海綿体に流れ込まなくなってしまいます。

糖尿病性末梢神経障害

糖尿病により神経障害を起こすことを、「糖尿病性末梢神経障害」と言います抹消神経障害が起きると、脳が性的に興奮してもその興奮がペニスに伝わりにくくなります。

ヌード11

高血圧、糖尿病、高脂血症による動脈硬化

血管が細くなり、血流が悪くなると海綿体に十分な血液が、流れ込まなくなるため勃起が起こりにくくなります。

睡眠の質の変化、睡眠障害

年齢を重ねると睡眠中のレム睡眠の割合は減少していきます夜間陰茎勃起現象は、レム睡眠時に起こるため、レム睡眠の時間が減ると勃起する回数も減少します、更に睡眠障害や不眠症などの症状が、ある場合も夜間陰茎勃起現象は減少します。

その他

勃起にかかわる、血管や神経が損傷する外傷を受けたり勃起の機能に、影響を及ぼす副作用がある薬(血圧や高脂血症の薬、精神安定剤など)、を利用していたりすることも夜間陰茎勃起現象を減少させる要因になります。

セルフチェックの方法

自分が睡眠中に勃起しているか、器質性勃起不全ではないかが気になる方は「スタンプ法」でセルフチェックをしてみては如何ですか、心因性のEDではレム睡眠中は正常に勃起しているといわれています。

・縦に4~5枚連なった、切手(もしくは切手のフチの余白部分)を用意します。

・乾いたままの切手を、ペニスの根元にピッタリと巻き付け片方の端だけを、水で濡らして留めます切手をペニスに、巻き付けるときはパンツの前開きの部分から、ペニスを出して行うとやりやすいです、陰毛を巻き込まないようにパンツの中にしまっておきましょう。

・切手が乾いたらペニスを、パンツの中に戻して就寝します。

・翌朝に切手が切れていたら眠っている間に、勃起していたということです。

健康な人でも、一晩では夜間陰茎勃起現象が見られないことがあるのでスタンプ法は最初の日に無くても最低3日間連続で行うことが大事なようです。

60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク