米国ではアンチエイジングの主な目的はセックス |日本では…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米国ではアンチエイジングの主な目的はセックス

カップル3

アメリカの抗加齢学会「A4M」の風潮は、アンチエイジングの目的と評価基準をセックスに置いている。当然のことながら、学会のシンポジウムも5割以上の演題がセックス絡みである。ブースに行けば、関連のサプリその他のオンパレードだ。

一方で日本は、世界各国の男女のセックス頻度と性生活の満足度を比較すると、最下位の方に位置する。これをどう考えるか…。

高齢者で一番大事なのは

有吉佐和子の『恍惚の人』という本がある。これは認知症の患者とその家族を描いた作品だ。彼女はあとがきでこう述べている。

「実はこの中でセックスの問題は書かなかったが、でも、高齢者で一番大事なのはセックスの問題。ただこれだけで一つのテーマになってしまうので今回はあえて避けた。」

老人ホームでも、70代や80代の方々の恋愛やセックスに関する問題があるということはよく耳にする。認知症が進むと、大脳皮質の抑制がはずれて、動物的な自然に戻ってしまうということなのかもしれない。

森鴎外は、「人はいつまで性にこだわるか」と、母に聞いたら、火鉢の火箸で灰をかきまぜたという。つまり灰になるまでということ。女性でもそうだと安心させられるエピソードだ。

カップル4

健康の指標にもなる

セックスに関する問題は、健康のバロメーターにもなる。例えば、男性の「朝立ち」は動脈硬化の危険があるかどうか、健康な血管の指標になる。ペニスに行く動脈は非常に細く、動脈硬化の影響が勃起不全という形でもっとも早く現れるからだ。不安があるなら泌尿器科を受診してほしい。

女性は膣の粘膜が薄くなったり、縮んできたりする。これが原因で性交痛や尿モレしやすくなったりする。誰にも起こり得る自然な現象で、最近では若い人でも悩むことがあるようだ。レーザー治療やホルモンクリーム、ホルモン補充療法で症状は改善ができるので、まずは婦人科で相談してみるのがいいだろう。

失楽園を推奨するわけではないが、セックスに関わる問題は、身体を若く健康に保つためにも大事だと思う。年齢に関係なく、悩んでいるなら恥ずかしがらずに医療機関を受診してほしいと思うのである。

[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表]

更年期に、差し掛かる年代の男性が集まるとED(勃起不全)の話題になることも多いようです、そんな席で、自分はもう年だから、とか、もう卒業したよ、」などと妙に言い訳じみた、引退宣言でお茶を濁す人が少なくありません。

でも、60歳を過ぎても健康的に勃起ができるのは男性にとって大きな自信や生活のハリにつながりますね、ED(勃起不全)の治療に年齢制限はありません歳だからと、諦めずに治療を受けては如何でしょうか。

精力剤のベストセレクト |ベスト14をご紹介!

ED(勃起不全)とは? | シニア男性の切実な悩み!

EDの症状って |都合よく考えてないですか?

年齢による勃起不全ってあるの? | シニアでも治療が可能!

運動で筋肉を刺激 | テストステロンを増やしてEDを防ぐ

ED(勃起不全)を治す | 精力剤でEDを改善する!

中折れの改善方法 |勃起不全の治療方法って!あるの?

勃起不全(ED)の治療方法 |投薬治療・心理療法・ホルモン療法他!

中折れの原因 |勃起不全の原因・症状・そしてテストステロンを増やす

加齢によるED(勃起不全)| 中折れは40代からが注意!

ED(勃起不全)と朝立ち |朝立ちしない理由と原因

朝立ちと健康状態 |ED(勃起不全)と朝立ちの関係は?

ED勃起不全 のシニアに朗報|朝立ち無くてもEDじゃない!

ED(勃起不全)の原因・症状 |勃起の仕組み・ホルモンバランス

朝立ちの役割は | 朝立ちはED(勃起不全)にならないため必要って本当?

ED(勃起不全)生活習慣病? |飲酒・喫煙・運動不足・睡眠不足!

ED(勃起不全) |EDの種類と治療法!

いつ始める?ED治療・それED(勃起不全)です!

ED(勃起不全)の原因 |煙草でED(勃起不全)になるって!

ED(勃起不全)はなぜ起こるの | 加齢・喫煙・飲酒・生活習慣病

ED(勃起不全)にならないために |40代以降の男性は「生涯SEX」するべき!

糖尿病と ED(勃起不全)| 合併症の一つがED(勃起不全)

ED(勃起不全)からの脱出 |EDを脱出した男たちの声!

ED(勃起不全)女性に満足を |やっぱり硬さが必要?

ED(勃起不全)兆候 |夜中にトイレに起きるのはEDの兆候?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク